第三世界線上の大戦争《グレート・ウォー》

作者 理性の狡知

第一二話 七月危機 『墺太里の最後通牒』」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 僕は政治学には疎いのですが、大衆の無知と民主主義という怪物との苦闘という言葉が腑に落ちました。英EU離脱や米トランプ大統領誕生などが連想されましたが、現在その苦闘はどんどん激しさを増していってるのではないかと思います。

    作者からの返信

    その通りです。
    大衆の無知という問題は、それこそ古代ギリシャから議論されてきた問題ですが、未だに明白な解決策は提出されていません。
    また、昨今のグローバル化は民主主義、或いは国家主権の危機を招いているという指摘があります。例えば、私はまだ読んでないので恐縮なのですが、ダニ・ロドリック『グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道』では、グローバリゼーション・民主主義・国家主権の3つを同時には満たすことができないと主張されています。
     つまり、グローバル化を受け入れれば、民主主義か国家主権のどちらかを諦めねばならない。民主主義を受け入れるのであれば、グローバル化か国家主権のどちらかを諦めねばならない。国家主権を受け入れるのであれば、グローバル化か民主主義を諦めねばならない。「世界経済の政治的トリレンマ」と呼ばれるものです。
     以上の考えからすると、反グローバルが吹き荒れているのは民主主義と国家主権を守った為だということになります。今日においては、もしかしたら民主主義と大衆の無知という対立軸そのものが間違っていて、本当はグローバリゼーションと、民主主義&国家主権という対立軸が正しいのかもしれません……

    2017年2月6日 17:31

  • すべてのエピソード 2
  • 或る連合王国兵卒の日記 ープロローグー
  • 第一話 生徒総会
  • 第二話 幸運な邂逅
  • 第三話 暴走する理性
  • 第四話 東方の三博士《マギ》との契約
  • 第五話 地獄の門《ボルター・インフェルミ》 1
  • 第六話 生徒会長の憂鬱
  • 第七話 不運な邂逅
  • 第八話 女王の秘密
  • 第九話 知らない、天井
  • 第一〇話 忠犬裕太
  • 第十一話 七月危機 『白紙委任狀』
  • 第一二話 七月危機 『墺太里の最後通牒』 1
  • 第一三話 七月危機 『瑠羽紫亞帝國總動員』
  • 第一四話 七月危機 『振谷亞連合王國の外交頓挫』
  • 第一五話 七月危機 『シェリーフェン・プラン』
  • 第十六話 『大戰爭勃發』
  • 第十七話 ワラキア大王国西欧州派遣軍
  • 第十八話 二人の閣下
  • 第一九話 パパジョフル
  • 第二〇話 リエージュ要塞攻防戦 1/4
  • 第二一話 リエージュ要塞攻防戦 2/4
  • 第二二話 リエージュ要塞攻防戦 3/4
  • 第二三話 リエージュ要塞攻防戦 4/4
  • 第二四話 連合軍結成
  • 第二五話 模擬戦闘訓練 1/2
  • 第二六話 模擬戦闘訓練 2/2
  • 第二七話 プラン17発動
  • 第二八話 ブリタニア海外派遣軍(BEF)派遣決定
  • 第二九話 シャルルロアの戦い・モンスの戦い 1/5
  • 第三十話 シャルルロアの戦い・モンスの戦い 2/5
  • 第三十一話 シャルルロアの戦い・モンスの戦い 3/5
  • 第三十二話 シャルルロアの戦い・モンスの戦い 4/5
  • 第三十三話 シャルルロアの戦い・モンスの戦い 5/5
  • 第三十四話 タンネンベルクの戦い
  • 第三十五話 ヒトラー、小モルトケと会談へ
  • 第三十六話 小モルトケ、東部戦線への援軍派遣中止を決定
  • 第三十七話 大撤退