第二日

土は種を産み出した。

種は芽を出し、ぐんぐんと育った。

伸びる芽を見て土と水、空は時を知った。


一日と呼ぶにはあまりにも長かったかもしれない。

もしくはほんの一瞬だったかもしれないが、時の始まりはこのようにあった。

後に第二日と呼ばれることとなる時の事である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます