外典

護岸記

第一日

はじめに土と水と空があった。

土はうず高くあり、水はその淵を満たし、空はふたつを包んでいた。

土も水も空も動くことは無く、ただそこにあるだけであった。


一日と呼ぶにはあまりにも長かったかもしれない。

もしくはほんの一瞬だったかもしれないが、世界の始まりはこのようにあった。

後に第一日と呼ばれる時の事である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます