第三日

身を横たえるだけであった土と水は時を前にしても疲れを感じることは無かった。 しかし空は違った。

空は土と水を包むことに疲れを感じていた。

疲れきった空は自らの対となる空を産み出し、交代で土と水を包むこととした。

産まれ出た空は夜となり、元の空は昼となった。

昼と夜は一組で一日となった。

この時初めて第一日、第二日はそう呼ばれる事となった。


一日と呼ぶにはあまりにも長かったかもしれない。

もしくはほんの一瞬だったかもしれないが、昼夜の始まりはこのようにあった。

第三日の事である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます