第44話 哀しい

季節は梅雨時に入っていた。良太たちは学校過ごす。

公太「まだ、あいつは捕まらないのか!!」

良太「そうだね」

美紀「警察も大変みたいね・・・」

公太「あれはやばいやつだ!!そのままにしといちゃいけない!!」

良太「公太・・・」

公太「もうこうなったら・・・俺が捕まえてやる!!」

良太「そうだな・・・俺も手伝うよ」

アルゴ≪やめろ!!関わるなと言ったはずだ!!そのバカも止めろ!!≫

良太≪でも・・・≫

美紀「危ないよ・・・警察にまかしておこうよ」

公太「けど」

良太「公太・・・やめよう・・・」

公太「良太・・・」

良太「・・・なんか・・・関わっちゃいけない気がするあいつには」(アルゴが・・・言うし)

公太「・・・」


学校で授業を受けていると、他の先生が駆けつける。

先生「ちょっと良太君、職員室でお話が!!」

良太「えっ?」

美紀「えっ?」

先生「いいから、急いで!!」

公太「・・・」


職員室に行くと先生から説明が始まる。

先生「落ち着いて・・・聞いてね」

良太「は・・・い」

先生「あなたのおじいさんが・・・危篤みたいなの」

良太「えっ?」

アルゴ≪落ち着け・・・まだ危篤だ。死んではいない・・・≫

良太≪え・・・≫

先生「すぐに家に帰っていいから・・・お母さまが待ってるわ」

良太「・・・わかりました。」


授業中の教室へ良太が戻る。帰り支度をする。

良太「・・・」

美紀「良太くん・・・大丈夫?」

良太「うん・・・大丈夫」

公太「・・・良太・・・・」

良太「帰らなきゃ・・・」

公太「あぁ、早く行け・・・」

美紀「・・・」


良太は急いで家に帰る。

良太「おかあさん・・・」

母親「すぐに行くわよ良太!!」

良太「うん」


電車に乗り、おじいちゃんのところに向かう。

良太(・・・・大丈夫かな・・・大丈夫だよな・・・)

アルゴ(データが足りなかったが・・・あの時・・・そうか)


おじいちゃんの病院へ着く。おじいちゃんがベットに横たわっていた。

母親「おとうさん!!」

おじいちゃん「・・・よく・・きたな」

良太「おじいちゃん!!」

おじいちゃん「りょうた・・・か・・・おおきくなったな・・・ほんとに」

良太「まだ・・・おおきくなるよ・・・だから見ててよ・・・」

母親「そうよ・・・まだ」

おじいちゃん「・・・そうか・・・」

      「良太・・・言っとくぞ・・・」

      「悪いことは・・・・・・・・・・・しちゃいけないぞ」

      「人の為・・・・・になること・・・・をしなさい。」

良太「わかってるよ、おじいちゃん!!」

おじいちゃん「そうか・・・そうか・・・」


心電図の機械からお別れのブザーが鳴る。病室に医師が駆け込んでくる。

医者「診ます!!ちょっとどいてください!!」

良太「・・・」

母親「・・・」


葬儀が行われることになった。

あっという間に時間が流れていく。それを見ている、良太の感情は動かない。

良太「・・・」

アルゴ(・・・感情が動かないな・・・思考も・・・)



良太は一人おじいちゃんの将棋盤を持ち出す。良太は涙がとまらなくなる。

良太「これ・・・これが・・・うううう」

アルゴ≪そうだな・・・≫

良太「いっぱい・・・思い出がつまってるんだ・・・これには・・・」

アルゴ≪そうだな・・・目に見えないが・・・詰まってる≫

良太「ううううう、おじいちゃん・・・・・」


葬儀もすべて終わり。布団でアルゴと話す。

アルゴ「・・・」

良太「アルゴ・・・今日の感情はかなしいだよ」

アルゴ「そうだな。悲しいだな・・・心ここに非ずだからな・・・」

良太「違うよ・・・そっちじゃない」

アルゴ「うん?」

良太「哀しいだよ・・・愛が哀に変わったんだ・・・だから、哀しい」

アルゴ「そうか。哀しい。覚えとく」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます