第23話

 アメノが再び罠を展開した。


 対抗手段はない。

 しかし、勝機がないとは言っていない。


『こっちよ』

「あァ?」


 ミシェルの背後に茅乃の声が飛ぶ。振

 り向きさまに破壊するミシェルだが、当然ダミーのスピーカーである。


 その先にこれ見よがしに置かれた電子罠に、ミシェルはイラついた様子でズンズンと突き進んでいく。


「おい! 一体いつまでこんなことを続けるつもりだ」


 拳を振り上げ、下ろす。

 鈍い音と共に罠が砕かれ、無数の三角形の粒子となって散った。


 それが、トリガーだ。


「ム? 感触が……にぶい」

「今よ、アメノ!!」


 ミシェルの背後に、アメノが躍り出る。それと同時に、砕かれたはずの罠が時間差で発動し、二基のミサイルが発射された。

 罠自体に簡易なバリアを仕込むことで、かろうじて完全な破壊を免れたのだ。


「なにィ!?」


 アメノがすかさずピストルを構え、挟撃する。

 両腕部の装甲は厚いが、胴体はそうではない。ならば、前後同時に攻撃すれば、防ぎきれなかった攻撃が致命傷を与えてくれるはずだ。


『射撃、実行』


 鋭い金属音が響き、攻撃が命中した。

 ミシェルの身体から、爆煙が立ち上る。


 茅乃はアメノに銃を構えさせたまま、煙が晴れるのを待った。


(お願い、倒れて)


 やがて、煙の中でゆらりと影が動く。


 太い二本の腕が力なく垂れ下がり、その先で手のひらがゆっくりと拳を作る。


「っ!! アメノ、バック!」

「うらァ!!」


 振り上げられた拳が、煙の中から飛び出してきた。

 アメノは慌ててバーニアを逆噴射し、緊急回避を試みる。


 見れば、ミシェルの両腕の端末に一つずつ焦げ跡が付いていた。咄嗟に腕を前後に広げ、二方向からの攻撃を同時になぎ払ったのだ。


「アメノ!」


 茅乃の元に帰還するアメノ。

 しかし、その機動は不安定だ。バーニアの先にミシェルの拳がかすったらしい。


 高出力のノイズに僅かにでも接触すれば、それはドールの中で大きなうねりとなり、機動系に重篤な損傷を与えるに十分な衝撃となる。


 もはや、同じ作戦は繰り返せないだろう。

 万事休す、だ。


「こんなモノか? フン。オレ一人で別働隊の足止めと聞いたときにゃ面倒だと思ったが……まるで役不足だな。もういい、ぶッ倒しちまうぞ」


 ガチン、とミシェルが拳を打ち鳴らす。


 その直後、ノイズと共にその場全員の端末に作戦状況の更新が届いた。二人にとって残念なことに、本隊の状況は芳しくないようだ。


「お前たちの本隊も虫の息か。じゃあ、これで仲良くゲームオーバー、ってこった」


 が、その言葉は、茅乃の耳には入らない。

 彼女には、ある閃きがあったのだ。


 彼女はおもむろに、ミシェルの前へ姿を現す。彼は目を細めて、哀れむような笑みを彼女に向けた。


「そうだ、それでいい。終わりにしようぜ」

「一つだけ、質問があるわ。あなた、で来たのね」


 茅乃は、肝の据わった低い声で問いかける。


「そうだ。案の定、オレ一人で十分だったようだがな」

「そう」


 彼女は短く答えて、抗争における生徒たちの命にも等しい腕部の着用端末ウェアラブルメディアに手をかけると、躊躇無くそれを引き剥がした。


「おい、何をしている」


 続いて、ヘッドセット。

 肩部通信端末、左脚部補助端末、ウェストポシェット。

 あらゆるデバイスを外して、彼女はそれを、イコナに手渡す。


「ちょっと、預かっといて」

「茅乃、あなた一体……」


 ミシェルが小さく舌打ちをして、茅乃へと迫る。トドメを刺すつもりだ。


 彼女は、ミシェルの方へと向き直った。

 左手と左足を前に、右手を胸元に、腰を低く落として、凛とした二つの目でその大きな体躯を捕らえる。


「フン、小細工は通用しねェぞ! 防げるモンならこの一撃、防いでみろ!!」


 ミシェルが振りかぶった。

 茅乃は、ドールを繰り出さない。


 ミシェルの右手と、茅乃の構えた左手が交錯した。


「やあぁぁぁっっ!!」


 次の瞬間、彼の身体は宙を舞っていた。


 手首の先から、肩、背中、そして腰へ綺麗に力の波が伝わり、茅乃の小さな身体の上を、滑るようにミシェルの巨体が回転していく。

 頂点を過ぎてからは、そこに地球の引力が加わった。硬いコンクリートの床に、無防備な彼の背部ストレージが叩き付けられ、体幹を伝って腰から脚部、肩から頭部の先まで、にぶい衝撃が突き抜ける。


「ぐァッ!!」

「押忍!」


 見事な、一本背負いだった。


 そういえば、聞かされたことがあった。

 茅乃は道場の一人娘で、幼少から武芸を叩き込まれていたということを。


「──大事なことを忘れていたの。ドールは、ドールでしか倒せない。だからあたし達はドールを操るために、着用端末ウェアラブルメディアを付けている。でも相手がなら、端末すら付ける必要なんてなかったのよ」


 端末さえ外してしまえば、触るだけで破壊されるミシェルの全身凶器もただのコスチューム・プレイだ。


 背中から綺麗に落ちた彼だったが、意識はそのまま宙に飛んでいってしまったらしい。念のため茅乃は出来合いのスタンガンで彼の腕部を無力化する。


「本隊が無事だといいけれど」


 茅乃が再度着用端末ウェアラブルメディアを着用する間(端末は一度外すと再起動にかなり時間がかかる上、完全に無防備となる)、イコナは階下の様子を把握しようと金網によじ登ったが、どこから現れたか、黄色い重機ユンボの端が見えるのみだった。




 三度目の照射が終わった。


 ミネットのバリアはもう残っていない。

 頼みの綱のイコナと茅乃も、到底間に合わないだろう。


 クロダは無言でレバーを引き、薬莢を排出する。

 新しいNリソースが、ポセイドン改に次弾の充填を開始した。彼女たちのリソースが尽きることは、少なくともない。

 残された手は、特攻くらいだ。壊された壁の隙間から、一人くらいは抜け出せるかもしれない。


 身構えるフランを制止して、真鈴は質問を投げかける。

 こめかみにうっすらと、彼女にしては珍しい汗を浮かべている。


「冥土の土産に聞かせてくれ。その砲台は、どうやって手に入れた?」

「そんなノ。ミーたちが研究したのヨ」

「嘘だな。その筐体に刻まれた印章は軍事開発で有名なリジッドケーブ社のものだ。学院研究所如きが手に入れられる代物じゃない。ましてや、東京の災厄後に、電脳抗争ドールズウォー用にチューニングされたものなど」


 ポセイドン改のエネルギー充填が完了した。あとは、ステラの合図を待つだけだ。

 彼女はふっと笑って、答える。


「良く知ってるじゃナイ。でも、教えるわけにはいかないネ」

「どうしても、か?」

「フン。撃ちなさい」


 ステラが右手を上げる。

 ふと、廊下の側から、小さな破裂音が聞こえた気がした。


「今だ、やれ」


 真鈴が合図を下し、フランがその背後から何かを投げる。


 ドールではない、銀色の小さな筒。

 先端についた小さな窓から、勢い良く白い煙が飛び出した。


 スモークグレネードだ。


「チッ。ポセイドン、STOP!」


 煙の向こうでステラが叫んだ。スモークがチャフ(電波を乱反射する能力)を含んでいた場合、ビーム攻撃は跳ね返ってくる場合がある。


「ど、どうするんですか、これで!?」

 ミネットが狼狽する。

「……無論、逃げる。扉だ」

「扉? でも、扉はロックされていて……外からしか開きませんし、イコナさんたちも間に合いませんし……あとは、バスに残った非戦闘員しか」

「非戦闘員だって、ロックは解ける」

「まさか。ロボットがうようよしているんですよ。ドールも持たずに、あの中を掻い潜って来れる非戦闘員なんて……」


 ミネットは、はっとした表情を浮かべる。

 そう、いるのだ。


 真鈴はにやりと笑い、

「その通りだ。間に合ったみたいだな」


 後方のドアがガチャリと開く。


 一斉に廊下へと噴出するスモークを掻き分けて、いしき 恵理の褐色の肌がぼうっと浮き上がった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます