第10話

 突然、外で爆発音が鳴り響く。


 戦闘が中断され、一斉に全員が音の鳴った方角を振り向く。


 東棟の屋上から、煙が上がっている。


 校舎に見慣れた明北生が、先にその違和感に気付いた。

 東棟のシンボルともいえる屋上の鉄塔が、根元から捻じ曲がり、まるで橋のように東棟と中央棟を渡っている。


 それによじ登る、一人の少女の姿。

 赤髪に灰色のキャスケット帽──イコナだ。


 明北学徒達がざわめく。

 司令室は屋上の直下だ。


 しかし、ミネットを救おうにも彼らの位置から司令室直通のエレベータまでの間には、王楼学院が陣を敷いている。


 慌てた先頭の明北生がラインを崩して突出し、王楼のスナイパーに仕留められる。

 あからさまな明北の動揺を見て、王楼学徒は今、自分が何をすべきか瞬時に理解した。


「ここから先へ通すわけにはいかないな」


 真鈴が勝ち誇ったように宣言する。形勢逆転だ。




「ゴホッ、ゴホッ!! ちょっと、大丈夫なの?」

「ええ、スパッツ履いてるから」

「そうじゃなくて!」


 イコナは一気に鉄塔を駆け抜け、中央棟の屋上へと降り立つ。

 直下は司令室だ。屋上の出入り口から、明北学院の藍色の制服が飛び出してくるが、雑草をなぎ払うかのようにナナがそれを切り捨てる。


「ひ、ひいい」

「下を見ないで」


 フランが命からがら鉄塔を渡り終えるのを尻目に、イコナは屋上から建物内へと入った。消灯された薄暗い廊下を足早に駆け、突き当たりにある電子ロックを一瞬で破壊する。


 重たく無骨な鉄扉が、ゆっくりと開く。


 そこは、明北学院の司令室。

 プラネタリウムのような幻想的な暗がりに、燦然と輝く無数のディスプレイ。円を描くように並べられた長テーブル達の中央に、鎮座してこちらを振り向くミネット・オーネの驚いた表情。


 攻撃は来ない。もはや、戦闘員はここには居ないらしい。


「あなたのこと、調べていたけど……」

 ミネットが弱々しい笑顔を向ける。「色々と規格外ですね、本当」


 短いチャイムの音と共に、部屋の反対側にあったエレベータの扉が開く。

 

 三つの扉から王楼生が、残りの一つから明北生が飛び出し、対峙するミネットとイコナの姿を目にする。


「ミネット!」


 明北生のうち一人が叫ぶ。アプルを操っていたあの青年、タクマだ。

 真鈴はカガリでそれを牽制し、ミネットへと歩み寄る。


「勝負あったようだな、ミネット・オーネ」


 しかし、ミネットはどこか寂しそうに目を伏せながら、


「そう……ですね。でも、これは電脳抗争ドールズ・ウォーですから」


 手元にあった赤色のレバーをガチャンとさげる。




 全てのモニタが一瞬にして落ち、少女達の手にしていたドールが一斉に光を失う。

 司令室の電灯が非常灯に切り替わり、部屋全体が真紅に染まった。


「め、明北の皆さん、逃げてください!!」


 ミネットが叫ぶ。


「何が起こった!?」真鈴が茅乃に聞く。

「ドールが……いや、Nリソースを使う全ての端末デバイスが動きません! 妨害電波です!」


 絶対防壁。

 ミネット・オーネが学院そのものに仕込んだ、最後の防壁である。


 その強力すぎる妨害ジャミングシールドは、クロノドールの正常な機能を含め、全てを停止させる。

 ドールさえ使えなければ、抗争において勝つこともなければ、決して負けることもない。テレビゲームやスポーツなら、まず使ってはいけないだ。


 しかし、これが電脳抗争ドールズウォーである。


「奴ら、学院を捨てる気か」

「イコナ!」


 茅乃の呼びかけに、イコナが応える。

 作盤を踏み台に、エレベータの方へと駆けるイコナ。が、その前にミネットが立ちふさがる。


「行かせません! みんな、早く!」


 真鈴が舌打ちし、ミネットに向かって走る。

 ところが、その前に両腕を広げたタクマが飛び出す。


退け!」

 真鈴が怒鳴る。

 だが、タクマは退かない。明北生達も一斉に飛び出す。そして彼と共にミネットを庇うようにして、自らの体で肉壁を築いた。


「みんな……何してるんですか。は、早く、早く逃げてください」


 ミネットが身を震わせて呻く。しかし、


「もういいんだ、ミネット。いいんだ……」


 タクマはそのまま、腕を下げ、膝を折り、二つの手のひらを床に伏しながら、漆黒の床にこうべを沈めた。後ろの生徒達も、一様に深く頭を垂れる。



だ。頼む。ミネットだけは許してやってくれ」



「何?」


 真鈴は突然の申し出に、思わず怯む。

 ミネットが狼狽しながら、

「ちょ、ちょっと……何を言って」


「決めたんだ」


 タクマが強い言葉で遮る。

「みんなと話し合って……決めたんだ。ミネット、お前は東京の未来にとって有益な人間だ。オレらとは違う。オレらになんか、付き合わせてはいけなかったんだ。


 ……だから、生き残って欲しい。生き残って、オレらを倒せるほどの実力を持った彼女たちと──東京を救ってほしい」


 彼は顔を上げ、真鈴の目を真っ直ぐ見て言う。


「虫のいい話だと思う。だが、お願いだ。Nリソースは全部渡す。彼女を連れて行ってくれ」


 真鈴は何も言わず、彼と、彼と共に懇願する明北生たちの視線を受け止める。

 疲労困憊した王楼学院生達も、リソースが尽きて眠るアメノを抱えた茅乃も、泣きそうな顔で状況を必死に呑み込もうとしているミネットも、じっと真鈴を見つめ、その判断を待つ。



「いいんじゃないかしら」


 沈黙を破ったのは、イコナだった。

 灰色のキャスケット帽を人差し指の先でくるくる回し、もう一度深く被りなおす。


 真鈴の口角が緩む。


「そうだな。ミネット・オーネ、宜しく頼む」


 そう言って、彼女は右手を差し出した。明北生の壁が二つに割れ、間から送り出される花嫁のように、ミネットが現れる。



 不安げな表情で振り返るミネットに、タクマは優しく微笑んだ。


「ありがとう、オレらに夢を見させてくれて」

「いいえ……ごめんなさい、立派なリーダーになれなくて」


 そして、ミネットは真鈴の手を握った。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます