第8話

「イコナ……そうか、お前がの【アップデータ】神月イコナ、か……」



 アップデータ。

 イコナもその言葉を、昨日茅乃から聞かされた。


「そう。書道とか剣道とか、それの段位みたいなものよ。試験は要らないけど」


 全ての時計所持者ドールホルダーは、自らの持つスキルや能力によってある程度の分類付けがされ、評価される。

 エンジニア。アナライザ。プログラマ。キャプテン。

 ごく普通に存在する技能のうち、特に|抗争に適したものは、「固有技能ユニークシンボル」と呼ばれている。


 技能シンボルにはE~Aのグレード付けがされ、どれほどその能力に長けているか推し量ることができる。

 未成年なら平均はDで、Cなら他人に誇れるレベル、Bは実務級である。

 Aは一線で業務をする人々の中でも一握りとなる。


 イコナのシンボル、アップデータはドールのパッチを作る能力であり、ごく標準的な──言ってしまえば誰でも持っている──技能だった。C程度なら特に記載されないことも多い。


「でも──まさか、A判定なんてね。グレードAのホルダーは王楼には他にいないわ。もちろん、他の学院にも滅多に」

「滅多に居ないものを、どうやってグレード付けしているの?」

 イコナは半信半疑だった。


「さあ?」

「さあ、って」


 イコナは呆れたように返すが、茅乃は考えたこともない、といった素振りだ。

 今の東京で生きていくためには、多少の疑問は握りつぶして適応する必要があるらしい。


「あたし達も、よく分かってないのよ。【オブザーバ】と呼ばれる何者かが運営してるみたいなんだけど。全ての学生はそこにデータを提供する代わりに、自分の能力水準と、他の学院の情報を得る。なんと言ったらいいのか……電脳抗争ドールズウォーがゲームだとしたら、ゲームマスター、みたいなものかしら」


「ふうん……」


 つまり勝手にイコナの情報が送信されたことになるが、当然茅乃に悪びれた様子は無い。


「まあ、あくまで目安よ。グレードが高ければ有利ってわけでもないし。

 何より、学生の持つ技能シンボルと、ドールの固有能力アビリティが合わさった時に、本当の力が出るの。あなたのアップデータも、ナナのダブル・スロットと合わせればより高い爆発力を持つ」


 茅乃はそのまま、幾つかの具体的な例を挙げてドールと所持者ホルダーのシナジー(相乗効果)について説明した。

 イコナは話半分に聞き流す。


 昔から彼女は、こういう細かい話が好きだった。要するに──オタクだ。


 一通り喋り終えると、茅乃はインスタントの緑茶を一口啜り、ふうとため息を付く。


「でも、そうね……イコナの他に王楼学院が誇れるものといったら、やっぱり」

「やっぱり?」

「真鈴先輩かしら」




 空気の痺れるような音と共に破裂したパルスグレネードが、明北の鉄壁の防衛線に風穴を開けた。

 電磁防布を脱ぎ捨てた王楼学院のドール達がすかさず突撃し、混乱した明北の戦線を更にかき乱していく。


「未だ、突撃しろ!」


 真鈴の声に従い、王楼学院の本隊が突っ込んだ。


 勢いに押された明北は敗走を始め、正門前は阿鼻叫喚の戦場と化した。


「茅乃、明北の防衛第二線をサーチ」

「既に始めてます。固定砲台が四門確認されていますが、イコナ達への援軍で人員が削がれたようですね。十時の方向にスナイパー、距離三百」

「わかった。狙撃隊、射撃開始!」


 彼女の号令に従い、狙撃部隊の三躯のドールが一斉に光弾を放つ。ホバーを含む一切の移動能力を犠牲にし、代わりにドール身長の三倍はある長さのロングバレル・スナイパーライフルを持たされた特別仕様だ。


 初撃三発のうち二発が命中し、遠くで撃破を知らせる発光エフェクトがかろうじて確認された。


「隊長。北東のαチームがB2地点の援軍に向かう敵小隊に出くわしたようです。数、7」

「牽制しつつ後退、第二正門の第一分隊を援護し、合流しろ」


「二時方向、γチームがC7に到達しました。周囲に敵影なし」

「本隊の進攻ルートとリンクして待機継続、ドールを戦闘モードで起動して臨戦態勢」

「了解」


 矢継ぎ早に情報と指令が交錯し、通信兵がフィードバックをチームに転送する。


 一様に青い目を瞬かせる通信隊のドールはアメノと同型で、資源効率を高めるために他のドールより一回り小さく、武器の代わりに巨大なアンテナを頭部から展開していた。


「よし、各員に通達。残党狩りはせず、中央棟を目指せ。本隊の識別信号マーカー注視キープすること」

「伝達しました」


 哨戒を終えた偵察部隊が、真鈴の元に戻ってきた。


「異常ありません。レーダーの敷設を完了しました」

「ご苦労。これで、窮地は脱したな。私達も移動しよう」


 散らばった部隊の現在地点をマップで確かめ、真鈴が情報班と共に移動を開始する。


 と、その時。

 倒れていた一人の明北生が突然起き上がり、懐から真新しいドールを取り出す。


 伏兵だ。


「っ! 先輩、危ない!!」


 茅乃が叫ぶ。


 ……が、攻撃は真鈴に到達しなかった。


 奇襲をかけた明北学徒は目を大きく見開き、胸元に手を当てて硬直していた。

 背中側から突き刺された光り輝く刀身が、彼自身と抱えたドールの頭部を正確に貫いている。


「バカな、レーダーには何も……」


 ガクリと膝を付き倒れた彼の背後から、真鈴のドール〈カガリ〉が姿を現す。


 アビリティの名は【アンビエント・モーフ】。

 探知機に映らない装甲を持った、真鈴の矛だ。


 卓越した状況判断能力と綿密な作戦、そして隙のない立ち振る舞い。

 彼女に与えられた称号シンボルは「キャプテン」グレードB。他の学院と比べて圧倒的に戦力の劣る王楼がここまで勝ち残ってこれた、チームの要である。



「さ、私達も急がないと」


 イコナは中庭から東棟へと入り、非常用階段を上っていく。

 妨害ジャミングでレーダーが届かないため、目視で本隊と第一分隊の様子を把握するためだ。


 狭く小汚い階段にフランはブツブツ言っていたが、イコナは全て無視した。なるほど、この二人は良いコンビかもしれない。


 刺すように冷たい風が高所の二人に容赦なく吹き付けられる。

 コートを着ているイコナは大丈夫だが、フランの泥まみれの膝上スカートはやや寒そうに見えた。


 屋上が見える。

 が、その前に入り口の柵扉があった。

 長く誰も使っていなさそうな錆び付いたノブには、無情にもチェーンがぐるぐると巻きついている。


「参ったわね。別の道を選びましょう」


 ドールには、現実の物に干渉する力はほとんどない。

 電子キーなどものの一秒で破壊できる万能端末も、こういった原始的なガードにはお手上げだ。


 と、足早にルートを変更しようとしたイコナを、フランが制する。


「ちょっと、これ持ってて」


 フランはそう言って、自分のドールをイコナに押し付ける。


 コートの内ポケットから取り出したのは──無機質な銀色の光を帯びた、金属スパナだ。


 彼女は鎖をじっと睨みつけ、息をすっと吸い込む。


「……ぃやあっ!」


 バキン。少女の正確な一撃が、脆くなった鉄柵の封印を粉々に打ち砕いた。


「ふん」


 得意げだ。


(そういえば……)と彼女のプロフィールに書かれていた固有技能の欄を、イコナは思い出す。確か、接続・通行の技能を示す「アクセス」グレードE。


(ああ、そういうのもなのね……)


 イコナは呆れを通り越して、どこか感心していた。


 ちなみに、フランにはこれ以外の固有技能ユニークシンボルは無い。

 それでも王楼学院で最前線を張れるのだから、技能もグレードもあくまで参考情報ということらしい。



 屋上は空調の室外機とアンテナ付の鉄塔以外何もない、がらんとした空間だった。

 

 四方は鉄網で囲まれ、隅にボロボロのブルーシートが打ち捨てられている。最近人が入った形跡はない。


「見て!」


 一足先に鉄網に飛びついたフランが指差す。


 だだっ広いグラウンドに、白い制服の一団。

 猛進する王楼学院チームだ。蜘蛛の子を散らすように逃げる藍色の点は、明北学院の防衛線残党である。


 後方に、ひときわ背の高い真鈴と、その傍を歩くひときわ背の低い茅乃の姿が見えた。レーダーで捕らえたのか、彼女は屋上に立つイコナ達に気付き、満面の笑みで大きく手を振る。


 イコナは思わず釣られて手を振りそうになるが、見下ろした光景に一点の違和感を覚える。

 バラバラに逃げているはずの明北生達が、あまりにも均一に散らばっている。


 まるで、予めそう決めてあったかのように。まるで、王楼学院の本隊を内側へと誘いこむかのように。


 イコナは上げかけた手を端末に沿え、茅乃に通信を飛ばす。


「気をつけて。誘われている」

『えっ?』


 制止する間もなく、王楼学院の先頭が中央棟になだれ込む。こうなってはもう止められない。


「まずいわね」


 イコナはフランに目配せし、急いで本隊に合流すべく連絡通路を探し始めた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます