♪Ⅳ

 「ついてこい。見せてやる。本当のヲタクって奴を。」


そう言った地球人テラホモー軍の指揮官は、俺をあいつらが乗ってきた宇宙船に乗せた。


第3話【心】


 ブチャッという音を立てて宇宙船は飛び立った。筒状の内部は小さな丸い窓があるだけの小さなものだった。兵士達が乗っていた所は着陸時に潰れたという。帰りは迎えが来るらしい。


「どうだ。座り心地は。」


俺が座っている、いびつな長細い茶色のソファーについてだろう。


「柔らかい。なのに座りにくい。なんだか体が座るのを避けようとしている。その為、脚が痛い。」


「ハハハ。そうか。じゃあ立ってろ。そっちのほうが楽だ。もう、着くしな。」


ハンドル上の表示には「【地球てら-秋葉原あきはばら上空】3km先を右に その次5km直進 目的地はすぐ下」と、表示されていた。どうやら大気圏はとっくに抜けたらしい。速すぎて暑さも感じなかった。


「ほら、下を見ろ。ここが秋葉原、地球のヲタクの聖地だ。ちょうど今日は初子ミクの限定品発売の日だ。個数は200個。買う為にはネット、又は現地での抽選が必要だ。抽選程平和に限定品を買う方法は無い。」


「抽選...とはなんだ。どんな戦いなんだ。」


「戦いでは無い。抽選っていうのは、くじと同じで第三者が当たりを決める事だ。」


「抽選…なら戦いも無くなる。王にそう言ってみよう。」


「そうだ。それでこそヲタクだ。では帰るとするか。」


「ああ。ありがとう。」


「礼には及ばない。私達はこの為に来たんだ。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料