♪Ⅴ

 「皆、戦いをやめるんだ。」


皆はス○ラトゥーンをしていた。


第4話【終】


 「なんだゲームをしているじゃないか。」


「しかもイカゲーって。(笑)」


「意外と平和は近くのあるのかもな。」




 ーそして1週間後。




 国王は国民に倒された。独裁政治もあったからだろう。


織田により、国の平和は守れた。






 ーはずだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ヲタレンジャー 幻典 尋貴 @Fool_Crab_Club

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画

幻典 尋貴《げんでん ひろたか》といいます。 どうぞよろしく。 たまに、レビューもします。 自分の作品への改善点などは以下へ。 【Twitter】 https://twitter.com/fool…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!