♪Ⅲ

 「お前はそれをおかしいと思わないのか。」


その声の主は地球人テラホモーの指揮をとっている奴だった。


第2話【気】


 「お前はそれをおかしいと思わないのか。」


「それってなんだよ。」


「その、武器と化した光る棒のことだ。」


「光る棒じゃないケミカルライト、またはサイリュームだ。それにこれは武器なんかじゃない。歴とした道具だ。」


「じゃあ何故それで戦っているんだ。」


「それは…。」


答えられなかった。限定品の取り合いの時にこれで殴り合うことはよくあった。でも今のHikaru-Bouは朱で染まっている。自分の着ているこの赤いスーツだって、黒っぽい朱で染まっていた。これを殺し合いの武器として使っているのには、違いなかった。


「そもそも、ヲタク達が踊りのために使っていた物が何故、殴り合いの道具になるんだ。おかしいと思わなかったのか。あんなにヲタクの学習をして。」


「そう、だよな。」


「限定品の数が1個や2個というのもおかしい。何かの政策なのか。」


地球テラのヲタクはどうなんだ。戦いはないのか。」


「あるわけがない。限定品を持つ者を羨ましいと思うことはあっても、戦う事はない。ヲタクのほとんどが日本に集まるしな。もとじゃ戦いは法律で禁止されてる。」


「俺に、俺に地球のヲタクを見せてくれ。」


「そうか…。ついてこい。見せてやる。本当のヲタクって奴を。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!