♪Ⅱ

 「ガルスが生まれた、本当の理由は」「バーバラの言った、トモダチってのは」


そんな話を残りのガルスを倒す、大合戦の前に聞かされた。


第1話【煙】


 「我らの国の文化を潰されると困る。力を貸してくれヲタレンジャー。」


「国長、勿論です。我々だってヲタクです。この文化を潰されると困ります。」


「そうか織田おだ句房くぼう。さすがリーダーだ。返事が良い。」


「そろそろだ。出動せよ。ヲタレンジャー。」


 いくら相手が文化を潰すと言い出した悪党であっても、やはり殺すのには、抵抗があった。いつもの限定品の取り合いで闘うとはいえ、殺すのには慣れない。


限定品の取り合いで鍛えられたせいで、“Hikaru-Bou”をマッハ3で振れるようになってしまった。


これがここで役に立つとは。いろんな事をやって見るもんだなぁ。


「お前はそれをおかしいと思わないのか。」


どこからか声がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!