第20話 魔王さまと黙示録さま

『実家に帰らせて頂きます❤ 実家は、火竜山脈最奥の『世界の瞼』と呼ばれる場所です❤ 劣等種レッサーどころか竜王種級キングスもごろごろいます❤ 絶対に追ってこないで下さい❤ 絶対に、絶対にだゾ❤ 火属性の対策を整えてねぇん❤ それから神竜種級シェンロン吐息ブレスは、属性無効ガードキャンセルなのっ❤ 油断しちゃ・だ・め❤ んっぶちゅ~』


「……なんだ、これは?」


 羊皮紙に独自の竜言語。追うなと書いてありながら、絶対に追ってこいと読み取れる文言の最後には、ご丁寧に真っ赤な唇の跡。


「ちなみに、城門に門番はいません」

「……知ってる」


 口をへの字に曲げた吾輩は、玉座の上で背中をずり落としつつ脱力して姿勢を崩すと、手にした羊皮紙をひらひらと仰いで見せた。


「で。我らが竜のメイドさまは、何と?」


 羊皮紙を届けてくれた、我らがエルフのメイドさま、メルに馬鹿正直に答えてやる。


「事情があって竜族の元に戻ったようだが、不本意だから追ってこい、だとさ」

「危険ですね」

「ああ、デルフィの機嫌を損ねると、非常に危険だ」


 頭痛に耐えかねたような表情で頭を振るエルフ、吾輩は肩を竦めて見せた。

 仮にも神竜種級シェンロンと書いてある以上、恐らく竜族の長が出張ってくるのは間違いない。永い永い寿命を保つ為、世界の危機でもなければ休眠期にあるはずではあるが……さて。


「?」


 玉座の上で真新しい天井の建築を睨み付ける吾輩に、黙って踵を返すエルフ。


「旅の支度を」


 吾輩が追うことを疑ってすらいない。そして、お供をすることに恐れも無い。


「君たちを連れてはいけない」


 ……そんな顔をするな、エルフ。


「だとしても、魔力付与武具エンチャントアイテムと魔晶石くらいは、最低限必要でしょう?」


 声色が変わらなかったのは、せめてもの強がりか。


 吾輩は、一人、魔法研究室にて、陣を敷き、詠唱を始める。


『気高く煙無き火より生まれ出でし魔精――ジン――よ。汝、土に跪かず、神に傅かず。天より地に堕ちし炎の名を我は知る。燃え盛れ、炎の魔人――イフリート――』


 悪魔のような厳つい顔をした炎の魔人イフリートは、不遜なほどに眼下の召喚主を見下ろす。


「我に、何用か」

「単刀直入に聞こう。汝は竜の吐息ブレス、神炎を受けきれるか?」

「世界の炎にて、神炎を防ぐこと能わず。アレは、炎すら燃やし尽くす炎の類なれば」

「む……何か妙案はあるか?」

「契約外の質問なり」


 炎で出来た巨体が揺らめく。


「チッ、上位精霊は融通が利かなくて困る」

「然り。強大な力は、故に、世界に縛られるものである。我は火。一度解き放たれれば、破壊の炎と成り果てる故に。後は煙と化して消えるのみである」

「……氷雪系の魔法でも駄目かなあ?」

「契約外の質問なり」


 吾輩は、うんざりして鼻から大きく息を吐き出した。


「吾輩の為に、その身を焦がし、燃え尽きる覚悟は、あるか?」


 炎の巨体は火の粉を撒き散らし、大きく揺らいだ。


「それが契約にして、望外の喜びである」

「まあ、そのときが来たら、な」


 炎の魔人が煙と消え、室内の温度を落ち着けても、思考の熱は帯びたままだ。


(……必要なのは、神器級アーティファクトか。さて、どうする?)


 世界を焼く炎には、似て火なる、おっと、似て非なる力で対抗するしかないだろう。

 吾輩は、ホムンクルスの胸元に左手を突っ込み、肉体の心臓部より淡い硫黄色の石のようなモノを引きずり出す。

 大きさにして片手一握り程度のそれは、物質のような固形であり、精神のような不確かさでもあり。見れば見るほど、不思議な輝きを放ちながら、その中心には何ものをも引きずり込む闇を渦巻かせながら、星のような瞬きを見せる。


『アクセス……古きエッダ詩……王の写本……フョルスヴィーズルの言葉、第26節……』


 火竜山脈。山肌を吹き荒ぶ風は翼の羽ばたき。大地の震えは、竜体の胎動。火口の噴火は顎よりの吐息。火の精霊力に満ち溢れた不毛の土地。生きとし生けるものを退けるその天然の要害。仮にもその場に足を踏み入れる者あらば、たちまち劣等竜種どもの餌に成り果てるであろう。


 その最奥にあるのが、『世界の瞼』と呼ばれる……空間、特異点である。そこは『世界』から切り離された『世界』の一部であり、埒外に位置する。今在る『世界』が間違えたとき、その『世界』を焼き、喰らい、屠る存在、竜の住処である。


『まだ、承諾せぬか、娘よ……』


 特異点から暴力にも似た圧で語りかけられる言葉、ともすれば従ってしまいそうになる竜言語に、竜の姿であるデルフィは全力で抵抗していた。


「相手が誰でも良いから子を成せ、なんて! 冗談じゃないわッ!」

劣等種レッサーと交わろうとも、汝の竜因子ならば、より良き竜を孕むであろうが』

「いいいいいいいいいいいぃっやっ! 強い遺伝子でなきゃ、やっ! 強い子じゃなきゃ、竜じゃないっ!」

『そんなことを申すな……リザードマンでも劣等竜でも良い。交わり、子を成させねば、汝はこのまま休眠期を迎えることなく、無駄に寿命を磨り減らすのみぞ』

「無駄じゃないっ!」


 デルフィは、竜体の全てに力を込めて咆える。


『それは、あの森の城に住まう者どものことか?』

「そうよッ!」

『だが、その城の誰も、汝と子を成す意志は無いのであろう?』

「それは……」


 心が揺らぐ、身体が、揺らぐ。


(駄目だ、『持って』いかれる……ッ!)


 そもそも等級が上位の竜に抗う術など、無きに等しい。会話相手にしても、今のデルフィの抵抗など児戯程度にしか思っていないのだろう。


(魔王……ちゃん……!)


「デルフィ」


 その声は、燃え盛る炎の弾ける火花のように散り、デルフィの意識を覚醒させた。


「魔王ちゃんっ!?」

「やぁ、デルフィ。竜形態は久し振りに見るね。なかなか『せくしぃ』だ」

「ふふ、そのまま『ぜくしぃ』しちゃう?」

「誰からの入れ知恵だ? 笑えない冗談だな」


 吾輩は、竜形態から竜人に姿を変えたデルフィの前に立ち、深奥、特異点と相見える。

 歪んだ空間からは、無数の波動を感じる。竜王種級キングスどころの話ではない、神竜級シェンロン、或いは創世竜ア・ミスに近しい存在も、そこに眠っているのかもしれない。


「お初にお目に掛かる。理により真名は明かせず。名乗った覚えはないが、魔王とでもお見知りおきを願おう」

『不遜』

(んぐっ……!)


 世界に紡ぎ出される竜の言葉の圧力に、存在そのものを押される。


『我らが娘を誑かし、拐かす』

「誤解も語弊もあるが……! 今は、その言葉! 受け止めさせてもらおう……ッ!」

『側女に置きながら、子を成す意志も無し』

「そういうのは……ッ!? っぐ! ふ、二人の問題、というか……ッ!?」


 再び竜形態を取ろうとするデルフィを手で制し、吾輩は一歩進み出る。


『世界を何と心得るかッ!?』


 暴風に等しき響きに、魂の存在意義まで揺らがされ、危うく魂魄消滅ロストの寸前だ。


「ッ……少なくともっ! 竜の存在意義を! ひ、必要としない世界を、願ってはいるね……!」


 竜が腐った世界を焼き払うその火を、その日を、否定する。


『では、それを汝が証明せよ!』


 特異点より、一体の竜が姿を現す。

 7つの首には10の角が王冠のように生え、竜眼は金色に爛々と輝き、竜鱗は赤く燃え、それぞれ顎を開け放ち、世界を揺るがしながら咆吼する。

 常人ならば、それだけで意識ごと命を持っていかれる響きだ。


(竜鱗のアミュレットの加護に感謝だなッ……!)


 黒衣のマントの下の装飾品が砕け散る。


黙示録級アポカリプスがおでましとは……ッ!」


 七つの首の顎が膨らみ、『吐息ブレス』の兆候が、ちりちりと世界を焦がす。


(来るかッ、神炎ッ!?)


『我は、世界樹ユグドラシルの天辺よりレーギャルンの匣を引き揚げたもう。スルトの右手、シンモラの抱擁、ヴィゾフニルの尾羽、裏切りの細枝、害なす魔杖、破滅の槍、禍の矢じり、不吉の予言、輝く剣。堅牢なる9つの鍵を持ちて、炎の子らを解き放たん。黄昏しラグナロク、閉ざし者に鍛えられし炎と共に鳴り響け、ギャラルホルン。顕現せよ、終わらせる者の嘲笑と慟哭』


 終末の魔剣――レーヴァテイン――


 『ソレ』は、炎より出でて、杖、或いは剣の姿を持ち、存在する世界を焼きながら、世界を焼く神炎すら焼かんとする。


『世界の終わり。神々の黄昏をもたらす魔剣レーヴァテインを何故に汝が所有する?』


 勿論、魔術で複製した品だが、神器アーティファクトを創り出すのに膨大な魔力を消費している。持ち込んだ高純度の魔晶石、その尽くが砕け散っていく。


「終わりなんて、世の中には割とありふれていてね……!」


 しかし、常に世界は始まりの産声で騒がしい。


「そうそう、諦められるものでもないんだよ、『世界』ってヤツはッ!」


 存在すら消し飛びかねない、喰らいあう炎の中で、吾輩とデルフィに結界を張り、終末の魔剣レーヴァテインの維持に務めながら、懐から石のようなモノを取り出した。


『賢者の石……成る程、世界の意志か、ならば、魔剣も別世界よりの紛い物。だが解せぬ。それは個に所有されるような代物ではないはずだ』

「託されただけさ。一時的に預かっているにすぎん」

『何故、それを世界が許す?』

「さてね。お目こぼしでは? 吾輩が真に魔王と成り果てるならば、その抑止力は必要さ」

『それが竜の娘と?』

「世界を焼き尽くすドラゴン、世界を浄化する人魚姫マーメイド、世界に愛されし永遠の乙女エルフ、世界の闇夜を抱く真祖ヴァンパイア、世界に光をもたらす天使エンジェル、人を愛するが故、世界に堕ちた天使ダークエンジェル。力を持ち過ぎた吾輩が選択を誤っても、必ず誰かが滅してくれるだろう」


『理解した。汝は常に世界の選択の境界に位置している』


 黙示録級アポカリプスの竜は、静かに特異点へと消えていく。


『ならば、我らがデルフィは預けておこう。汝が道を踏み外さぬよう、夢の中で祈るのみだ』


 静寂を取り戻した山奥で、気力体力共に果てた二人が腰を下ろす。

 彼女は両手を広げて、瞳を閉じ、唇を尖らせている。


「何だい、それは?」

「こういうときはぁ、感動の再会とぉ、抱擁と接吻じゃなぁい?」

「知らん」

「……私ぃ、魔王ちゃんがどうなっても殺したりなんかしないよぉ?」


 今は、その言葉が有り難い。


「……そう願いたいものだね」


 帰ろうか。


 その言葉に、竜族の娘はニッコリ微笑み、頷いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー