第9話 魔王さまとアンデッドさま


 太陽さま、おやすみなさい。お月さま、ご機嫌よう。

 夜の帳が降ろされ、星々が空を飾る。

 そんな、誰もが寝静まる世界で蠢く影、闇の眷属、死に近きもの。


 そして、魔王さまの寝室に忍び込む人影が、ひとつ。


「うーん、ん? ……デルフィ?」

「子作りしましょおよう」


 既成事実を作りにきやがった。


「しません、て。もう……さ、勘弁しておくれよ。眠いんだって……」

「えぇん、いけずうぅ」


 すけすけのセクシーランジェリー一枚だけのあられもない姿で、くねくねとしなを作るデルフィは、不満げに厚めの唇を濡らして尖らせた。


「あらん? 邪魔が入りそう。またねぇん、魔王ちゃんっ」

「次から、侵入防止用の、結界、張る……すやあ……」


 しばらくして、ぽんぽんと寝具の隅を叩く振動。


「んん……今度は、何だよう、まったく……」


 今度は少し強めに、ボーンボーンと叩かれる。


「あぁ、はい、分かった分かった、って、ひいぃ!?」


 目を開けて見れば、ボーン! っと、頭蓋骨。


「うっわ! って、どわあっ?」


 ベッドから転がり落ちた魔王さまは、立ち上がり、包帯を踏み滑り、すっ転ぶ。


「な、なんとおー?」


 そのままの勢いで、べちゃりと気色悪い感覚に顔を突っ込ませ、腐敗臭に包まれた。

 続いて、ぞくりと生温い風のような感覚が、背中を流れる。


「……うぅ~ん、吾輩、死霊使い――ネクロマンサー――を敵に回した覚えはないが」

「……大丈夫?」


 吸血鬼のメイド、アナスタシアが言葉少なげに気遣ってくる。

 その場にいたのは、スケルトンとマミーとゾンビら、アンデッドモンスター達だった。


 吾輩は、光の精霊に語りかけ、部屋に明かりを灯す。


「……で、こんな夜更けに何用かね?」

「このコたちが……」


 ベッドに腰掛けた吾輩にねっちょり付着した腐った死体の破片を、メイド服のエプロンの裾で拭き取ってくれるアナスタシア。

 ありがとう、言葉少なげだけど良い子だね。


「実は、魔王さ魔にご相談があり魔死てでホネ」


 スケルトンが顎骨をカクカク音を立てて頭を揺らす。


「ボク達、悩んでるんDEATH」


 ミイラ男のマミーは解けた包帯を身体中に巻き直しながら、訴える。


「ワタシ達、疑問、ぁって」


 ゾンビは、よたよた腐った足で不安定に立つ。


 部屋の寝具や家具が、小刻みに振動し、音を立てた。ポスターガイスト現象? ファントムもいるな、これは。


「ボクた血」

「ワタシた血」


 生キテルンデショウカ? 死ンデイルンデショウカ?


「は?」


 吾輩、今、眉毛と口がおかしな形になっているのを自覚しているよ?


「忌や、DEATHから……」

「待て待て待て!」


 もう一度同じ質問を繰り出そうとしたミイラ男を制して、吾輩は傍らのアナスタシアに顔を寄せて耳打ちする。


「何の冗談だ?」

「……真剣みたい」


 一瞬、天井を仰いで唸ると、吾輩はアンデッドモンスター達に向き直る。


「いや、死んでるだろ」


 だが、あっさり答えを出した吾輩を、彼らは許してはくれなかった。

 スケルトンが、怒り肩でカタカタ骨を鳴らして詰め寄る。すっげえ、標本みたい。骨の動きが良く分かる!

 マミーが、汚れた包帯だらけの乾燥した両手を伸ばしながら、のっしのっしと歩み寄る。その包帯、清潔なのに取り替えた方が良いよ?

 ゾンビが、「ぁ……ぁ……」と喉を枯らして、踏み出した一歩から腐り落ち、また前に進んでは腐り落ち、床を這って、首を腐り落とす。顔! 顔を忘れてるぞ! 身体!


「魔王さ魔!」


 近い近い近い近い!


「ボクた血!」


 臭い臭い臭い臭い!


「本気なんDEATH妖っ!?」


 怖い怖い怖い怖い!


 終いには、ファントム、幽体らしき気配が吾輩の背中にひたと触れる。


 寒い寒い寒い寒い!


 吾輩の寝室、いきなり死後の世界に近付いちゃったよ!? このまま寝たら、永遠の眠りに就いちゃうよ、これっ!? 就寝が終身になっちゃうよお!?


「分かった! 分かったから! 離れろ! 吾輩の側に! 死神を呼ぶなっ! なっ?」


 まだ慌てるような時間じゃない、そんな両手の仕種でアンデッドモンスター達を落ち着かせて、取り敢えず距離を置く。


「……で、だ!」


 仕切り直そう。ようし、分かった。とことん付き合おうじゃないか! 地獄の果てまでな! ちょっと待って!? 今! 吾輩がいいこと言った! 朝まで生死体! ワァオ! フレッシュ!


「何故、そう思い至ったのか、から聞こうか?」


 ふぅー、やれやれ、といった感じで、スケルトンが肩骨を竦める。


「み苦びら霊た喪のDEATHなあ」

「そりゃあ、死んで魔す妖、魂な状態DEATHから」

「死っ死っ死、いや、笑って魔せん、魔せん妖?」


 ん、んー? う! うーん!? 吾輩、怒るとこ? 怒るとこかなあ? ここおぉ!?


「確かに我々、死んで魔す夜?」

「で喪、こう死て動忌てる邪無いDEATHかあ?」

「世界に存在死て忌るのは何故なんで傷?」


 なるほど、納得した。小癪な死体どもにしては、なかなかどうして。


「えーと、つまり、アンデッドにおける生と死を、定義して欲しいのかな?」


 確かに、生命活動の停止を死とするならば、彼らは死んでいることになるが、実際にこうして動いて言葉を交わし思考しているわけだ。

 生の意義は、遺伝子を残すことだろう。つまり、世界に己の中の情報を繋ぐことだ。


 なら、何もしていない命は生きているか?

 死して尚、残る情報は死んだと言えるか?


「自分たちの存在が分からない、というのなら、世界の流れから外れた魂と身体の結びつき。これを魂魄と言うが、それがおかしくなった状態を指すね。魂の慟哭による内的要因であったり、死霊使いによる外的要因であったり。もし、来世に行きたい、いや生きたいというのであれば、魂魄消失――ロスト――しているわけではないから、ターンアンデットの魔法で浄化も可能だ。再び、世界の輪廻の流れに戻れるよ?」


 吾輩の言葉にスケルトンは不安げな表情……いや、表情筋が無かった、骨だから。


「死か死、魔王さ魔、我々未練があって、この世界に留魔った喪のDEATHから」


 そこまで面倒見切れんよ、まったく!


「来世に希望を持ったらどうかな? 前世で何をしたかった? それが未練なのだろう?」


 ゾンビが首を傾げて思いを巡らす。傾けた頭部がぐしゃりと床に腐り落ちたけども。


「海辺の真っ白忌家で、犬に囲ま霊た生活が死体なあ……」


 ああ、犬に囲まれるだろうねえ、真っ白なスケルトン。ペロペロ、ガジガジとな、君、自分がカルシウムの塊だって自覚あるのかい?


「人の役に立ちたいんですよ。助けたいんです、命を」


 そんだけ包帯持ってたら、看護師になるといいよ、マミー。先にスキンケアだぞ? まず自分の乾燥肌を直そうな?


「ワタシ、特殊な性癖でその、BL……ボーイズラブに囲まれて生きたぃ……」


 腐ってたー、腐ってたねー、ゾンビは。ところでそこのスケルトンとマミーでも妄想しちゃってるの? はあ、腐臭漂わせたミイラ男の包帯プレイで襲い受け? 骨野郎のわんこ萌え?


 部屋中が振動する。


 ああ、はいはい。ファントムか、君もいたね? 何、不動産でひと山当てたい? うんうん、このファンタジー世界の土地は広大だからねえ。目指したまえよ、不動産王。ってか、幽体の君が土地に憑いたら、それ地縛霊だからねっ?


 いきたい、生きたい、行きたい、逝きたい!


 アンデッドモンスター達も、来世に希望を見出したようだ。そろそろ頃合いか、吾輩、パジャマを腕まくり。


「そろそろターンアンデッドといこうか?」


 アナスタシアが、パジャマの裾をちょいちょい引っ張る。

 はい? ああ、そうか。うん、確かに、神聖魔法の分野だけれども? そもそも、吾輩、神など信じていないけれども? 擬似的に構築して、特殊な形で再現して差し上げましょう? ってわけさ。


「ん」


 納得したアナスタシアに、他のメイドを叩き起こさせ、連れて来させた。


「アンジェには、聖歌と、お迎えの天使役を頼もう!」

「メル、書庫から聖書を持ってきたまえ!」

「ティーナには、癒やしと浄化の水で聖水を作ってもらう!」

「デルフィはブレスで、火葬の準備!」


 ふわぁ~あ……


 寝惚け眼を擦りながら、彼女達のあくびが重なった。


 さあ! 盛大に送ってやろうじゃあないかっ!

 夜の闇に、天から光が射す。

 吾輩は、無口な吸血鬼に、そっと耳打ちした。


「ん」


 色白の頬を紅潮させて、彼女は強く頷いた。


「こういうのは、気分だから!」

「ん! ……ま、おう、さま……じょう、か、を……!」


 もう一度ぉ! お腹に、オーラのちからを溜めてえ!


「魔王! さまあ! 浄化! をををををををををををををををををををををををををををーっ!」

「はい! きたあっ! 『オーラロードが、開かれターンアンデッドーッ!』」


 恐れるな、生を。悲しむな、死を。煌めく命の光を世界に還す。


 逝って良しッ!


 迷える魂達を見送ったメイド達、睡魔に襲われ、もう限界。


「眠いですう……」

「遅くまで、調べ物をしていたんですけど……」

「睡眠不足は、お肌の大敵です……保湿保湿……」

「魔王ちゃんが、寝静まったら、襲おうと思ってえ……」


 ぽふっ! と、吾輩のベッドに倒れ込むメイド達。一人、物騒な事を口走っていたが。


「あ……」


 元は王族用の大きな寝具だが、さすがにこの人数だ。

 アナスタシアは、どうしよう? と吾輩に戸惑いの表情を向ける。


「いいんじゃないかな?」


 でも、と視線が訴えてきた。


「もうすぐ朝だ」

「ん」


 吾輩、吸血鬼の背中を軽く押してあげる。


 陽が昇る。

 吸血鬼だって、おねむの時間だ。


 ああ、そう言えば、満月時以外の彼女を見たものは誰一人いなかったか。目を覚ましたら、正式に紹介しなければいけないね。

 しかし、普段は棺で眠る吸血鬼というのも物好きな寝床を選ぶものだ。


「吾輩、そんな狭いとこで眠るのは、御免被るよ」


 互いの命の温かさに包まれ、身を寄せ合う五つの眠り姫の寝顔に、吾輩はもう一度「おやすみ」と呟くのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー