第2話 魔王さまとエルフさま

「魔王さまあ、お腹空きましたですう」


 私室で静かに読書をしていた吾輩は、口をへの字に曲げ、扉を開けた紺色のメイド服をじろりと睨み付ける。

 赤子か廃人かという状態から世話をし、何とか会話を出来るレベルまで(と言っても言葉遣いは若干おかしいが)回復、いや成長か、をした天使ちゃんは、お腹を両手で押さえ、気恥ずかしげに顔を伏せ、上目遣いに瞳を潤ませる。


「……」


 グウゥーー!

 腹の虫は正直で、黙ることを知らない。


「はあ……」


 まさか天使が地上界で存在するのに、こんなに燃費が悪いとは……

 溜息も出よう、城の食料庫は既に風前の灯火だ。

 基本、魔法生命体であるからして、魔力さえ供給出来ていれば苦労は無いのだが。

 が、地上界には、そんな純度の高い魔力を備えた物質は……なかなか無い。ミスリル銀を食わせるわけにもいかない、鉱物だから。


(いっそ好物だったら良かったのに……)


 少女の身体をベースにしているようだから、人間らしい食事を可能とする。その生命活動を魔力に転化しているのが現状だが、如何せん転換効率が悪すぎる。


(吾輩から魔力供給を直に行うって手もあるが……)


 エナジードレインを逆に応用すれば良い。


「ん~、それも、一時的な問題解決だなあ……」


 存在維持の消費に回されるだけで、魔力の補給とまではいかないだろう。

 純度の高い魔力か、大量の食物。

 圧倒的に後者の方が楽だ。


「アレの分け前を少し貰うことにするかなあ……」


 結論は出たが、今はこの娘の空腹を何とかせねばなるまい。


「おいで。魔力を注入しよう。それで当分は凌げるだろう」

「あいっ♪」


 パッと花咲くような明るさの笑顔を取り戻して顔を上げ、小走りで駆け寄ってくる。

 可愛い。天使か! ……天使だけど。

 魔力の注入には、身体的接触は不可欠だ。

 お互い向き合って、手と手を握り合う。


「いいか? いくぞ……」


 天使は頬を染め、無言で頷く。

 あれ? 何か、変な空気が流れ始めたぞ?

 吾輩の身体はホムンクルスだから、そこに溜め込めるだけの魔力しかない。使用した魔力は、別次元に封印してある本体から補充すればいいわけだから、いいんだけど。


「あっ……!」


 肩を竦ませ、甲高い声を上げる。


「おい、待て! そんな声上げる必要あるか!?」


 天使は唇を戦慄かせ、両目をぎゅっと閉じる。


「入って……! 入ってくるですうぅっ!」


 熱い吐息。


「魔力だよ! 魔力が、だよねえっ?」


 乱れる髪。


「痛っ……!」


 腰を引き、太腿を震わせる。


「え? や! あれ? 初めて? だっけ!」


 首を振り、睫毛を上下に揺らす。


「手が……」

 あ、ああ、吾輩が強く手を握り締めてたせいか。危ない危ない。


「しゅ、しゅごいれすうぅ!」


 魔力がだよね? そうだと言ってえぇ! お願いだからあ! 何でもしますからあ!


「あ、今、何でもします、って言いました?」

「ん?」

「ん?」


 そこに、エルフの女性が一人。


「あ、どうぞ。続けて下さい」

「あ、はい」


 ん?

 んん??

 吾輩は天使の手を弾くように離すと、彼女を指差し、言葉を絞り出す。


「ど、どちらの、エルフさま?」


「えー、闇の森に住まうという魔王は、年端もゆかぬ娘を、手籠めに……」

「待て、待て! 待てぇー! いや、待って、待って下さい、待って、頂けませんでしょうか?」

「ええぇ?」


 紙の書物と墨に濡れた筆を止めたエルフは、不服そうに口を尖らせる。


「だってえ、これえ、魔王さまでしたっけえ? まずいですよお? 事案ですよお? これえ」


 事案? 初めて耳にする言葉だが、死の宣告のように、何故か恐ろしい響きだ!

 しかして、見るに、あの、にやにやした、なんっていうの? 耳を上下にピクピクさせた、ドヤ顔?


(何っだろおう……! このエルフ、すっげえぇ、何だろう?)

「れ、歴史家と言った、か、かね?」


 薄汚れ所々解れた旅の装束に身を包む彼女は、物凄く、晴れやかで、ぶん殴りたいほどの、笑顔!


「はい、永遠にも等しい寿命のエルフが世界に残すもの、それを考えたときに、私は、歴史の編纂こそ、その使命と悟ったのです」


 言ってることは、成る程、至極、真っ当な。


「な、ぜ、こ、の、し、ろ、に!?」


 落ち着こう。

 城の周囲は、人間共に闇の森と呼ばれているくらいだ。

 そこに棲まう獣や魔物、狂った精霊に、敵対しあう亜人種たち。

 方角を惑わす迷宮の魔力、異世界より施した鬼門より、奇門遁甲の陣をも施している。

 それらを退けて、この城に辿り着いた?

 だとしたら、かなりの手練れだ。


「わたくし、古の森より参りました、メル、と申します」


 メル?


「ほぉう? 真名は、メリュジーヌか、メルツェーデスかね?」


 牽制してみる。


「えぇ、遠からずも、っと、言ったところです」


 メルは懐から、眼鏡を取り出し、身につける。


「……何だね? それは」

「いえ、別に。珍しいかと思いまして。視力の衰えたエルフなど……」

「……」

「……」


 無言で睨み合うこと暫し。


「ところで、魔王さま?」


 眼鏡の奥の真摯な瞳に炎の精霊にも似た光が宿る。


「わたくしたち、どこかでお会いになったことは?」

「広い世界と長い年月だ。どこかで会っているかもね」

「……そう、ですか」


 肩を落としたように見えたエルフ、メルは、一瞬唇を噛み締め、そして顔を上げると昔話を始める。


「かつて、エルフの森より盗み出されたものが二つ、ありまして」

「ほう、それは?」

「世界の運行を担う、器と呼ばれる存在」

「して、もう一つは?」

「健気なエルフの恋心、でしょうか?」

「ふうん……」


 興味なさげな返事に、しんと張り詰めた冷気が宿る。


「わたくし、調べました」


 何故、この娘は、今にも泣き出しそうなのだろう。


「近隣の村に滞在して、魔王城に至る道を! 誰もが、止めました! 行くな、止めろ、命を粗末にするものじゃない!」


 頭を振る。


「ですが、その理由を明確に言える人なんて、いませんでした! あそこには、魔王がいるから! それだけですっ!」


 両手を拡げ、金色の髪を振り乱す。


「では、魔王が何を? その問いに答えられる人は! 誰もいないっ!」


 蒼く澄んだ瞳が、心の臓を射貫く。


「何故です? それだけの悪名を得ながら、実害となると! 誰も言えないっ!?」


 眼鏡がずれ、鼻先にかかっている。


「これ、大事な人から貰った物、なんです」


 眼鏡を押し上げる。


「……貴方は、何なんです……?」

「魔王、と、呼ばれているね」


 乾いた笑み。


「この世界に、魔王なんて、いません……!」


 流れぬ涙。


「メル……」

「謝ります、ごめんなさい。でも、もしかしたら、貴方は、その真名は……!」


 グウゥーー!

 しくしく。


(あぁ、魔力供給も中途半端だったものな)


 何とも情けない顔で、申し訳なさげに俯く天使の少女。


「ときに、メルよ。食事はお済みかね?」

「え、いえ」


 自然に回帰し、世界に帰依した存在とはいえ、肉を得て世界に命を宿したからには、食わねばならんだろう?

 さあ、飯だ! 飯だ!

 それ以上に、生ける者に必要なことなどあるだろうか!


「あのう……?」


 食卓に着いたエルフ、メルが問う。


「メイド、とは……一体?」


 上座に座った少女のご機嫌を伺いながら、食事の準備をする吾輩。


「え?」

「メイド長とか、料理長とか、は?」

「なに、それ? 美味しいの?」


 エルフの長耳が、揺れる。


「彼女は何ですかっ? メイド? メイドさまですかっ!」


 吾輩は、肩で戯けてみせる。


「……手伝います」

「助かるよ」


 パンや肉やスープの皿を並べて、魔王の前のコップに気付く。


「それだけですか?」

「それだけでいい。君らも故郷の森にいるぶんには、水や光の精霊たちの加護で食事などあまり取らないだろう?」


 植物と揶揄される由縁だが。


「泥水ですか?」


 杯の中身は黒い液体。


「失敬な。珈琲と呼ぶものだ」

「はあ」

「まだ大陸には流通してないかな、まあそのうち……」

「ふうん……」

「な、なんだ?」


 卓に並ぶ食べ物を次から次へと平らげていく天使を余所目に、エルフは含んだ笑みで魔王を見る。


「どうやら、魔王さまにおかれましては、世界を随分とご存じの様子」

「そ? そりゃまあ? 魔王なんて、呼ばれちゃう? くらいだし?」


 ちょっと照れちゃう。


「引きこもりのくせに」

「おい、くせに、とはなんだ」


 一転、不機嫌。


「貴重な蔵書も、随分と貯め込んでおられるのでしょう?」

「ま、学ぶ時間だけは、腐るほどあったからね」


 あ、やばい。のせられた。


「世界の歴史を調べるにおいて、ここ、絶好の場所なんじゃありません?」


 吾輩、嫌な予感。


「わたくし、決めました」

 

「メイド服を一着、お貸し頂けます?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー