アディショナル・ゲーム(中編)

『戦略』


「はい!じゃあ位置についたかな〜☆☆ざっくりと説明を始めるよ〜☆☆」


俺たちは、大きな川の中州に立たされていた。

川の流量は少なく、足元に水は届いていない。

そんな地面が盛り上がっているところに、机が固定されている。


「今、本条ちゃんと導来ちゃんは〜、この一本の手錠で〜、結ばれているの〜☆☆( ´ ▽ ` ) 運命共同体ってわけ〜☆☆ そして〜、手錠の鎖は〜、テーブルに固定されていて〜、逃げ出せないってわけ〜☆☆」


俺は、右手に付いた手錠を少し引っ張ってみる。

机の穴を通して、導来の手が少し引っ張られる。


「この川の上流には〜、ダムがあって〜、川の流量が調整できるの〜☆☆ 素数大富豪が始まって〜、30分経つと〜、ダムが開放されて〜、徐々に水が増えてくよ〜!!!!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎」


だんだん嫌な予感がしてきた。

いや、激流葬と言っているあたりから、嫌な予感しかしないのだが。


「うーん。水の高さが30センチを超えたあたりから、立つのが難しくなるかな〜☆☆☆ 50センチだと、車が流れる高さだね〜☆☆ 1メートルはまず生きられないかな〜☆☆ ま、流れの速さにもよるし、あくまで目安だよ〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡」


平等院補題は、とてもニコニコした笑顔で、そう解説する。

サディストめ。


「カッ。それで、このテジョーは、どうすれば外れるんだよ」


こちらのサディストも負けてはいない。

導来が質問する。


「にゃはは〜☆☆ 簡単だよ〜☆☆ 素数大富豪に勝つだけ! 素数大富豪に勝った瞬間に、この運命の箱ホワイトボックスから、勝者の側に鍵が放出されるの〜☆☆ ね?簡単でしょ〜☆☆」


平等院補題は、机の上に置かれた白い箱を指差す。

箱には、SHIROBAKOと書かれている。


「鍵は1つしかないから〜、慎重に勝負してね〜☆☆ てなわけで、以上で、激流葬の説明は終わりなの〜〜☆☆」


早い話、負けたら、水に飲み込まれて水死ということだ。

勝って生き残るためには、水没する前に勝負を終える必要がある。


「それでは、早速、素数大富豪を開始させていただきます。」


平等院命題に、場の進行が移る。

いよいよ導来との最後の数戟が始めるというわけだ。


「ルールをおさらいいたしましょう。」


/*********ルールまとめ*******************************

・お互い手札は1から13の13枚から始める

・交互に数字を作り場に出していく。

・場にカードがある場合、その数字を構成するカードと

同じ枚数で作られた数字しか出せない。

・場に出ている数字より、大きい数字しか出せない。

・数字を出された側は、3つの選択

「出す」「パス」「ダウト」から1つ選ぶ。

・「出す」は、数字を出すこと。素数でなくても良い。

・「パス」は数字を出さず、場を流し、相手に番を譲ること。

・「ダウト」は相手の「素数」に異議を唱えること。

素数ならば、ダウトした方が、

偽素数ならば、ダウトされた側が、ペナルティを食らう。

・ペナルティとは、そのセットで場にあるカードをすべて受け取り、

相手に番を譲ることである。

・先に、手札を0枚にした方の勝利である。

ただし、最後のカードを出して、ダウトをされ、ペナルティを受けた場合は、

その限りではない。

*********************************************************/


「また、ゲームの進行を円滑にするために、それぞれの選択時間を、1分とさせていただきます。この制限時間を過ぎた場合、自動的に負けとなりますので、ご注意ください。」


平等院命題は、俺と導来の前に、それぞれ13枚のカードを置いた。


「さて、素数大富豪で重要となる、先攻、後攻の決め方ですが、今回は偶然性を排除するため、『素数』で決めたいと思います。」

「素数?」

「ええ。今から、本条さまと導来さまには、13枚の手札から、好きな素数を1つ作っていただきます。その素数がより大きい方を、先攻としたいと思います。」


素数が大きい方が先攻……待てよ、そうすると…

俺が色々考えている中、導来が平等院命題にツッコミを入れる。


「ケッ。出した素数は、そのまま捨てられるのかよ?」

「いいえ。これは先攻後攻を決めるだけですので、出したものはそのまま手札に戻ります。ただし、その出した素数を、それぞれの『禁止素数』とします。すなわち、その素数をこれからのゲーム中に出すことを禁止します。」

「禁止素数?」


平等院命題が、俺の側からトランプを1枚取り出した。


「例えば、本条さまが、先攻後攻決めで、13を一枚出した場合、素数大富豪中に本条さまは13を出してはいけません。ちなみにこれは、本条さまの『禁止素数』ですので、導来さまは13を出すことができます。」

「えっと……、1と3を組み合わせて出すこともダメなのか?」

「はい。この場合、13という素数が禁止されているので、それも駄目でございます。」


なるほど。だんだん理解が追いついてきた。

大きい素数を出せば、先攻を取れる可能性は高い。

しかし、そうすると、自分がそれを出せなくなる上に、相手に素数を知られてしまう。

つまりは、そこそこ大きい素数を出すとか、この先攻後攻決めにも戦略が考えられるわけだ。


「それでは、素数を1つお作りください!制限時間は1分といたします!」


俺は、自分の手札を見る。

1から13までのトランプが1枚ずつ並んでいる。

禁止素数があるとはいえ、先攻はまだまだ有利なはずだ。

ここは何としても先攻を取りたい。


素数を探せ。


2、3、5、7、11、13


一枚から作れる素数は、この6つだ。

これでは小さすぎるだろう。


17、19、23、29、31、37、41、43、47、53、57、59、61、67、71、73、79、83、89、97


2桁の素数は、ざっとこんなものだ。

これでも数学徒の端くれなので、2桁の素数くらいだったら、感覚でだいたいわかる。

しかし、これでも小さいだろう。

相手はなんといっても、導来だ。

3桁の素数とか余裕で出してくるかもしれない。


それを超えるには、4桁。

4桁は、欲しい。


俺は、右端の2枚に目がいった。

1213。


この1213は、パッとみ素数っぽい。

確かめてみよう。


素数かどうかを確かめるには、それより小さい素数で割ってみて、割り切れないことを示せば良い。

でも、すべての素数で割って見る必要はなくて、その数の平方根までの素数までで良い。なぜなら、a=pqという風に分解できたとき、pとqのどちらかは、√a 以下であるからだ。


つまり、1213が、素数であるかどうか確かめるには、1213の平方根、ざっと、35くらいまでの素数で割って見れば良い。


2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31


11個。1213という大きい数に比べれば、それほど多くはない。


「残り、30秒でございます。」


やばい。早く計算しなくては。

ええと、まず、1213は奇数だから、2で割り切れない。

また、1213の各桁を足すと、7だから、3の倍数でもない。(3の倍数は各桁を足すと3の倍数だから)

それに、1桁目は3なので、5の倍数でもない。


見た目で簡単にわかるのは、このくらいまでか。

7で割って見ると、1213=7×173+2だから違う。

後は、

1213=11×110+3

1213=13×93+4

1213=17×71+6

1213=19×63+16


やばい間に合わない。


「時間終了です!それでは、素数を私にお渡しください!」


仕方なく俺は、1213を平等院命題に差し出した。

これで、もし素数でなかった場合、後攻になってしまう。


「それでは、本条さまの素数から発表いたします。それは、『1213』です!」


頼む。素数であってくれ。


「我々の素数データベースとの照合の結果、1213は、確かに素数であると確認されました!」


おおおおおおお!!!!!!

よし。よし。よし!

1213、まじ優秀な素数である。本家の素数大富豪でも頻繁に使われるに違いない。


後は、導来の手札次第だ。

自分でやってみて分かったが、1分で素数かどうかを判定するのは、意外と難しい。

チャンスは十二分にある。

それに、リスクを警戒して、小さめの素数を出してくる可能性もある。

導来が巨大な素数を知らない前提の話だが。


「それでは、導来さまの素数を発表いたします!」


勝て!勝て!勝ってくれ!


「それは、『2』でございます!これは素数であり、よって本条さまの先攻からと決定いたしました!」


え…………?

………2?

まじで?


導来の顔を見る。

鼻で笑うかのようにこちらを見ている。


こいつ…まさか……………いや、間違いない。

わざと一番小さい素数を提示してきやがった。

でもなぜ?なぜだ??


「それでは、先攻後攻が決まりましたので、早速、素数大富豪を開始したいと思います。まずは、本条さまの手番です。1分以内にどのカードを出すか、選択してください!」


1:00

0:59


俺の動揺が落ち着かないまま、素数大富豪は始まった。


0:58

0:57

0:56

0:55


やばい。時間が短すぎる。

どうする?まず何を出せばいい?


本条手札:1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13

導来手札:1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13


やっぱり、大きな素数を出した方がいいのか?

でも1213は禁止素数になってしまったから、もう出せない。

そうなると、今からもっと大きい素数を見つけて……


0:47

0:46

0:45

0:44


いやそんな時間あるのか?

それに大富豪の定石に従うならば、最初は小さい数から出した方が良さそうだ。

じゃあ無難に1枚のカードを出して…


0:39

0:38

0:37

0:36


いや、もしかしてそれが導来の狙いなんじゃないか?

さっきわざと後攻を取ったのは、カウンターを狙うため?

ひょっとすると、この素数大富豪は後攻の方が有利なのか?


0:27

0:26

0:25

0:24


いやいやいやいやいやいやいやいやいや。

落ち着け。落ち着け。

そうだ。むしろ俺を動揺させるのが導来の作戦なんだ。

現に今も関係ないことで頭がいっぱいになってるじゃないか。


0:18

0:17

0:16

0:15


早く出さないと時間切れで負けになる。

とりあえず、2桁の素数で行こう。

安全牌で、大きくも小さくもない数だ。


俺は、残り5秒のところで、素数57を出した。


本条→(5,7)


「本条さまが、57を出されました。導来さまは、これに対し、1分以内に『出す』『パス』『ダウト』を選択してください。」

「………………ダウト。」


1分のカウントダウンが始まってすぐに、導来はダウトを宣言した。

へ………?あ!


「導来さまがダウトされましたので、素数チェックに入ります。我々のデータベースと照合した結果、57は『偽素数』であると判定されました。」


あ、あーーーーー!!!!!


「したがって、5と7のカードは本条さまの手札に戻ります。」


しまった……………………………。

57は素数じゃなかった。3×19と素因数分解できる。

というか分かりやすい3の倍数だ。

あー!ツイッターで『57は素数』ネタがあるせいだ!

というかグロタンディークのせいだ!


「続いて、導来さまの手番となります。」


本条手札:1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13

導来手札:1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13


まあ、いい。

出した57は手札に戻っただけだから、損はしていない。

ノーリスクノーリターンだ。

この際、導来の先攻から始まったと思えばいい。


「ワンターンキルって知ってるか?」


導来がトランプを持ったまま話しかけてきた。

ワンターンキル?


「カッ。カードゲームとかで、最初のターンで勝負が着くことをこう言うらしいぜ。まあ、オレはゲームなんかやったことねえから、よく分からねえが、つまりは、勝負が一瞬でついてしまうクソ仕様のゲームってことだ。くだらねえ。」


導来は自分の手番だと言うのに、悠長に話をしている。

俺は彼が何を言っているのか、真意が掴めないでいる。


「ケッ。せっかくチャンスを与えてやったっていうのに。」

「あ?どういう意味だよ?」

「ハァ。まだわからねえのか。…………こういう意味だ。」


導来は、ため息をつきながら、テーブルにトランプを出した。

1枚、2枚、3枚、4…………!?


「1425678910111213。これで、オレの勝ちだ。」


***

本条圭介と導来圏が戦っている頃、群城すずは、森の奥、とある滝の上流付近にいた。


群城すず。人々は彼女のことを「人の形をした獣」と呼ぶ。

その細い体から想像できないような豪腕は、岩を砕き、熊をも倒すと噂される。

しかし、彼女の恐れられている点は、「獣」であることではない。

「人」の形をしているところである。


人が獣をより優れている点は、いうまでもなく知識を吸収できるところだ。

肉弾戦において、それは「型」を習得できるということにつながる。

武道における型とは「最適化された武力」であり、人類の叡智の結果でもある。


群城すずは、柔道、剣道、合気道、弓道を始め、様々な武道に精通しており、それゆえに無敵の力を誇っている。

もし彼女がただの獣だったら、ただの暴力で勝てるだろう。

しかし、「型」を習得し、戦略を有する彼女の前では、誰も勝てないのである。


さて、そんな彼女が今、流れる川の中で片膝をついていた。

と言った方が正確かもしれない。

その白い肌にはアザができ、口からは血が流れている。


そして、彼女の前には、一人の男が立っていた。


「最弱ッ!!実に最弱ッ!!病的にッ!描的にッ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る