拾弐

 七月二十八日

 隆一が初めて家にやってきた。由希も懐いてくれたようでなにより。今はわからなくてもいいけど、私がいなくなってから、私に大切な人がいたことを由希には覚えていてほしいから。

 駅前の商店街の夏祭りに三人で出かけた。本当は優奈も誘ったのだけど、なんだか友達との用事だということで来なかった。本当にそうだったらいいんだけど……。

 夏祭り自体は例年と同じだったが、隆一と一緒に来るということだけで、こんなに楽しく感じるとは。

 最後の最後に、隆一がそっと私の手を握ってくれた。その場で泣きそうになるくらい嬉しかった。


 七月三十一日

 隆一の家に夏休みの宿題を一緒にしにいくことに。

 優奈と話をしたかったが、今日も留守だった。隆一に聞いたら、最近出かけることが増えたらしい。悪いことにならなければいいのだけど……。

 今日は宿題をして、間におしゃべりをしただけで、それ以上のことはなにもない。でも、こうやって二人で一緒に時間をすごすだけで、今の私には嬉しい。


 八月三日

 明日は隆一と一緒に花火大会に行くことになった。

 去年買ってもらった浴衣を来てシミュレーション。別に自分では己の見てくれはたいしたことないと思うし、周りからはどう言われようといいけど、でも隆一だけにはかわいいって言ってもらいたい。優奈が買っているファッション雑誌をいつも馬鹿にしていたけど、ちょっとだけそういうものを買いたくなる気持ちもわかった。

 由希に最近のお姉ちゃん楽しそうだね、って言われる。由希にまで私の浮つきが気づかれるとは、今私はどんな顔をしているのだろうか。いよいよ末期症状かもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます