今からもう二十年も前のことだ。

「お姉ちゃんいるー?」

 当時小学四年生だった私の家には、両親と七歳年上の姉がいた。ただ両親は共働きで家にいないことが多く、一緒に遊んだり、思いっきり甘えたりしたのはもっぱら茉梨(まつり)お姉ちゃんとだった。

「お姉ちゃん!」

 その日も夕食後のひとときに遊んでもらおうと、お姉ちゃんの部屋の扉を開けたのだった。

「あ、あ、あの……わ、わ、たしと、その……つ、つきあってくだひゃ」

 お姉ちゃんは鏡に向かって狼狽していた。

「お姉ちゃん?」

「きゃぁっ!?」

 こちらに気づいたお姉ちゃんは私の姿を認めると、これでもかというくらいに驚いた。

 お姉ちゃんはいつも落ち着いている人だったので、こんなお姉ちゃんを見るのは私は初めてだった。

「あ、あなた……いつからそこにいたの……?」

「えっと、ついさっきだけど……ごめんなさい、お姉ちゃん」

 別に自分が悪いわけではないけれど、なぜか謝ってしまう。

「いや、謝らなくていいんだけど……」

「でもお姉ちゃん、なんだが苦しそうだったよ。もしかして体の調子が悪いの」

「いや、そういうわけじゃないのよ……」

 どうもおかしい。こんなに落ち着かないお姉ちゃんは初めて見る。

「それより由希、私になにか用があるのでしょう?」

「ううん。別にいいよ。お姉ちゃん、なんだかやることありそうだし」

「ダメよ。あなたはそんな遠慮はしなくていいわ」

 人差し指をピンと立てて、お姉ちゃんは私をたしなめる。

「遊びたいのでしょう。だったらちゃんとお願いしなさい」

「いいの?」

「いいに決まってるじゃない。妹の面倒を見るのは姉の務めよ」

 くすっとお姉ちゃんは微笑んだ。いつもの冷静沈着なお姉ちゃんだった。

 それだけに。こんなお姉ちゃんを慌てさせることって、いったいなんなのだろうって、私は気になった。でもこのときの私はそれを聞くようなことはしなかった。

「はい!」

 だって、またお姉ちゃんをおろおろさせたくなかったから。お姉ちゃんはいつものお姉ちゃんのままでいてほしかったから。


 七月六日。その日の天気はあいにく覚えていない。

 その次の日の天気も。この年の織姫様が彦星様と会えたかどうかはわからない。

 ただ日頃はクールなお姉ちゃんも、ロマンティックな一面を持っていたことは確かだった。

 だってこの日は――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます