電子の森の魔法使い -Wizards in the Game Room-

作者 怪奇!殺人猫太郎

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 最終話へのコメント

    読み終わり、懐かしさと寂しさを感じました。

    私もかつて、アーケード街の一角にある小さなおもちゃ屋に通ってました。
    そこはTCGのデュエルスペースが併設され、ゲームの筐体が所狭しと置かれ、ちょっとしたお菓子とカップラーメンも販売していました。

    自分は十代半ばでしたが、大学生も来ていました。たまらなく大人に見える彼らがゲームをするのを、後ろから見ていた記憶があります。
    ジョジョの格ゲー、サイキックフォース、名前を思い出せない弾幕ゲー、そしてダンジョンズ&ドラゴンズ。

    あの小さな空間は年齢を超えたオタクの社交場であり、そしてそこには間違いなく青春があったように思えます。

    自分語りを交えてすみません。この短編で描かれている場に、忘れていた記憶を思い起こされたんです。コメントするにあたり、どうしても語りたくなりました。

    最後に。
    「ぼく」が語るようにゲームは世代が変わっても愛され、世界の見方をほんの少し柔軟に変化させる切っ掛けになる。夢みたいな空間でも、そこは間違いなく現実と地続きの世界なんだ、と改めて思いました。

  • 最終話へのコメント

     中学生の時の初恋をこじらせたまま33歳くらいになってしまった、女の先生!
     もとボクっ子!
     とてもいいと思います!!
     髪型はショートボブくらいで、セルフレームの野暮ったい眼鏡をかけて、タートルネックのセーターを着て、どこか固い笑顔を浮かべているようなのが、ありありとイメージできますね!! 

     っていうか、この人、「もとボクっ子」じゃないぞ。
     33歳くらいの女性なのに現役で一人称が「ぼく」だ。
     ……が、がんばってんなあ……

     

  • 第3話へのコメント

     主人公を少年だと思って読んでいたので、「えっ」って思いました。
     小さいころから惰性で少女漫画を買っていた、というさりげない書き方で「実は女の子です。ボクっ子です」って明かすのが良いです。
     

  • 第4話へのコメント

    >高校2年の1月のある日。

     中学2年の間違いですよね。
     中学生であるか否かは重大な問題です。
     高校生だと、「ぼく」がこういうメンタリティで、自分が恋愛していることにも気づいてないというのは、かなり無理があると思うのです。