たたかうアイカツ!おじさん(第八部)

作者 権俵権助(ごんだわら ごんすけ)

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

権俵さんと同年代のプリパラ(現プリチャン)おばさんです。
アイカツは少しかじった程度でよく知りませんが、検索でこの小説がたまたま出てきたので、興味本位で読みました。
序盤のゲームセンターの所などは共感できる部分も多く、プレイするゲームが違えど同じ女児向けゲームプレイヤーなんだなと感じました。
そして、アイカツは声優さんとは違う歌い手さんを起用しているのは知っていましたが、正直魅力が半減するのではないのかと今まで思っていましたが、そうではなかった。
歌手としての経験が浅い歌い手さんをファンが応援し、卒業してからも見守っていく。歌い手さん、そしてコンテンツへの愛がとてもかんじられました。特に武道館ライブでの様子はよく知らない私でもうるっとさせられました。
そして、主人公の権俵さんにとても好感が好感が持てます。ライバルコンテンツへの敬意、イベントで“先輩”への配慮など。自分もこんなプレイヤーでありたいなと思います。
また、権俵さんがアイカツを始められたエピソードがあればいいなと思います。
応援しています。

★★★ Excellent!!!

アイカツ!がファンと一緒に成長してきた記録として大変興味深く堪能しました。
私はアイカツ!にハマってまだ一年程度の女児なので、初期のイベントの空気の熱や演者さんの緊張なんかも伝わってくる文章に感激しました。
自分が参戦し始めた辺りからはめっちゃ共感。ありがとうございます!今後も楽しみにしています。