たのしいIT企業での過ごし方

作者 吉村ことり

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「向こうは適当、なのにこちらには誠意を見せろと言ってくる」
「こちらの都合を知らずに、向こうに都合の良い常識を押し付けやがって・・・」
「テメエの点のために俺を引っ張りだすんじゃないブチ殺すぞ」

・・・こんな経験、ありませんか?無いならあなたは幸せなのかもしれません。あるなら頑張ってください。

この話はどうにも間の悪いIT企業に務める男が精神を病みながらも潰れないように働いていく物語です。自分にしか見えない存在を自覚してしまった男はIT企業に潜む闇にどう抗うのか!?無茶な企画、急な要望、迫る納期!果たして主人公を取り巻く社員たちは敵なのか味方なのか!?男が精魂尽き果てて、アナログとデジタルの境界が曖昧になる時を、闇は待っている。

現代社会怖いなー、田舎に引っ込んどこ・・・