第2章 別の環境

女は宇宙で悩んでいる。



彼女のこと



 RCビルの一室で、彼女はひとりで悩んでいた。片手には、小説がある。表紙には砂漠が描かれていた。

悩むことがまだあるのだ。


 最上階から2つ下の部屋から見える景色は、なんの変哲もない都会だった。

 あのマンションの、一つ一つにも、たくさんの人が住んでいることを思う。

 これだけ安全な世の中になっても、未だに人が死ぬ。

 小説の中では、砂漠の故郷を失った男が水を求めてさまよっていた。その頃の時代より、何千年も経ったにも関わらず、同じようにたくさんの人が毎年死ぬ。


 その時、ドンと地面が揺れた。

 高層ビルには、制振構造が施されている。

 揺れは1分ほど続いた。

「大丈夫?」

 振り返ると、ドアのそばに男が一人立っていた。

「返事がなかったら、大丈夫ではない」

 彼女は、姿勢をただして男を見る。手を付いた窓は、ひんやりしていた。外気との温度差は5度くらいだ。

 ここは、砂漠ではない。

「それならよかった。最近、地震が多いね」

男は、やりとりに慣れた様子で頭をかいて部屋へ入ってきた。

「その程度のことを伝えるために、わざわざエレベーターに乗ってきたの?」彼女は驚いて尋ねる。「メールすればいい」

「いや、図書館へ向かっていたんだけどね。そしたらほら、地震だから」

 空は夕暮れで、紫と赤色を混ぜたような色をしている。

「何か本でも読むの?」

「君は何を読んでいるの?」

「砂漠の話」

「変わったものを読んでいるんだね。なんの役に立つ?」

 男は笑って、近づいてくる。

「役には立たないけれど、時間を潰せる」

「潰す時間があるんだね」

 男は静かに笑った。

「まぁ、本題だけど」

 どさりと男は紙の束を机に降ろす。

「なんなのこれは」彼女は露骨に顔を歪める。

「いや、だから、資料」

「冗談でしょう。わざわざ持ち運んできたなんて。ページをめくらなくちゃいけないじゃない。なんでメールしないの?」

「疲れようじゃないか、たまには」

 男は、再生紙のページをめくる。

 砂のような音がする。

 また、地面が揺れた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます