新人死神と最悪の不死者

作者 三田村綯夜

39

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

他の方が仰っられたように、最終的にどうなるんだろう?
とワクワクとドキドキとしていました。

結末は読んでからのお楽しみです。


何度殺しても死ねない、「死にたい」と言う一風変わった不死者。
それを殺す為に派遣された死神の少女。

アップテンポで、続きが気になって、夢中でページをめくってしまいます。

他の登場人物も、個性があって、常に「あ!」とよくよく読み込めばヒントが散らばっている謎があったり。


気になる方は、是非読んで下さい。

★★★ Excellent!!!

あらゆる不死性を得た存在と、
そんな伝説級の不死を滅する事を命じられた死神との、
皮肉めいた立ち位置からくる不思議な絆を描いたファンタジー作品!

互いの淡白な死生観が、どんな血みどろスプラッタすらも、
容易くコメディ色として濾過してくれるので、
そういった表現もなんのその! そんな素敵仕様になっています!

進むにつれて掘り下げられるキャラ造詣が、
ストーリーラインになぞらえた謎に直結していて、先を引く力になっているのがまたナイスでした!
ではまた来ます。本日もお疲れ様です!

★★★ Excellent!!!

オチるべき所で落とし、そうでない所は落とさない。
山場は急ではない程にしっかりしていて満足感を感じる。
基本中の基本だが出来る人は少ない。

毎日22時に投稿し、一度も途切れさせなかった。役割がある登場人物がしっかり描写され、説明不足も未回収の伏線も無かった。
締め切りを守り、基礎中の基礎をしっかり出来る。
これも出来る人は少ない。

読むほど癖になる不思議な世界観や文章、シンプルで分かりやすい構成、そして安定した走り。

話だけが面白いのではない、作者のしっかりとした構成力を感じる。
私は、次回作に期待せざるを得ない。
完走、お疲れ様です。面白かったです。


ps.最初の方でテロリカちゃんがリベルを肥料にした朝食を食べる場面がすきです。