戊辰異聞「江戸門段鉄」

作者 鷹見一幸

とんとんとん、と読みやすい

  • ★★★ Excellent!!!

時代劇モノは大好きなので読んでみました。
立て板に水というか、文字で読んでいるのに講談士の話を聞いているかのような文章で止め時が見つからず、一気に一話を読んでしまいました。
有名どころの新撰組や倒幕側の話ではなく、今のところ幕府側の一兵士からの出発のようで、主人公や若旦那(と八)がどうなるのか楽しみです。
また、寺銭についてみたいに、ちょいちょい挟まれるミニ蘊蓄も雑学好きとしては楽しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク