侍にて候

爛流。(らんる)

第1話 にわか侍

真之介「これ、そこな町人」

拮平 「あ、はい…」


 えー、拮平きっぺいと申します。

 これでも、白田屋と言う足袋屋の若旦那なもんで、日々呑気にやっておりますが、世の中にはじっとしてられないと言うか、あれこれやりたがる、やらずにいられないと言う野郎がおりまして…。気のいい僕は、今日もそんな野郎の餌食になるのでありました。


拮平 「なーんだ、誰かと思えば隣の真ちゃんじゃない。ああ、侍になったっ

   たたんだよね。金使って。でもさ、馬子にも衣装と言うけど、さすが真

   ちゃん、中々よく似合ってじゃん」

真之介「黙れ!私は侍である。その卑しくも武士たる者を馬子を引き合いに愚

   弄するとは不届き千万。無礼者め、そこへ直れ!手打ちに致す」

----ああ、やっちゃった…。

真之介「この刀を飾りと思うてか。お前は三日坊主で終わったが、私は道場に

   て日々研鑽を積み、今では免許皆伝、の手前。ここはひとつ、この買っ

   たばかりの刀の錆にしてくるわ!」

拮平 「これはこれは、大変申し訳ございませんでございます。日頃の親しさゆ

   え、つい、無礼な口を聞いてしまいました。何卒、平に平にご容赦のほ

   どを…。あ、はい、以後、以後以後は、気をつけるでございますです」

真之介「左様か。まあ、今までのよしみもあるゆえ、今日のところはこれくら

   いにしてやるか」

拮平 「ありがとうございます」

真之介「だが、いい刀を買ったでな。一度くらいは試し切りをしてみたいもの

   よ。忘れるでないぞ。なあ、拮平」

拮平 「はい、です」

----でも、ちょっと怖い…。

真之介「何だ、今日はここで網を張っているのか。毎日熱心なことだが、その

   熱心さを少しは仕事に向けられんか」

拮平 「いえいえ、今日は本当に親父に頼まれた用事の帰りでして」

真之介「ついでに、町行く娘に声かけも忘れぬとは、まったく…」

拮平 「そんなことより、真、様。お嫁様は決まりましたか」

真之介「ああ、私も頼んではいるが、何しろ、この通りのにわか武士で

   はな」

拮平 「そんな、ご謙遜を。真之介様なら、例え大名の姫君でも」

真之介「これ、冗談にもそのような大それたことを言うでない」

拮平 「いえいえ、冗談ではなく」

真之介「冗談は顔だけでよい」

拮平 「そんな。私は今までもこれからも、真之介様の後をついて行きますん

   で、ねえ」

真之介「季節外れの風邪でも引いたか」

拮平 「えっ、何の話?」

真之介「いや、何でもない。それより、お前こそ嫁をもらえ。なあ、拮平」


 そう言って立ち去る真ちゃんの格好いいこと!

 悔しいけど、何をやっても、絵になる男。

 僕は、そんな真ちゃんが大好き…。


 でも、どんな人間にも裏があるって本当だった。


 ある夜、僕は見てしまった。

 真ちゃんのとんでもない「顔」を。

 今でも震えが止まらない…。


 ああ、真ちゃん。

 君は、何てことを…。


 そして、かわら版を握りしめた僕は、思わず走り出していたのでした。





















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る