あの頃の思い出-参-

【取り付き】

技が出せない。どうする。


「なんだ。お前ビビってんのか。」タイヤンがつつく。


「ビビってなんかいねー。ダイオキシンが大量発生するのを防ぎたいだけだ。」

そう、それだけだ。


その瞬間だった。体がふわりと浮いて、タイヤンの中に吸い込まれた。


「「どうだ。倒せんだろ。」」


もう、ダメだ。これが取り付きか。やばくね?何て考えていたら、俺の頭に衝撃が加わった。


二人のキックだ。


その瞬間俺の体は再びふわりと浮いてもとの場所に立っていた。そして暗黒タイヤンは消えていた。


「ありがとう。」

そう二人に言うと、いつもの焼肉屋に向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!