番外編2

闇夜に咲く花のヲタクコウモリ

 やはり、烈斗は置いていくしかないか。


【バック・トゥ・ザ・フューチャー】


 過去を直せばガルスがいなくなると思ったがそうではないようだ。


私があの星がしっかりと平和を保てると思ったのが悪かった。あの星はあの出来事から約1年で衰退した。バーバラを倒しても、ガルス自体がガルスを生み出している。


やはり私の代まで戦い続けるのか。あの時私がしっかりあの星を守っておけば。


とにかく、烈斗はこの時代に置いていこう。何かを変えてくれるかもしれん。




サンタクロースとして。さよなら。


親として。また会おう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!