あの頃の思い出-弐-

【初めての中ボス】

全身タイツ(仮)の格好でブラクスの北東に有る、都会のゾーンへ向かった。そこへ着くともう、ブルーとイエローが戦っていた。戦闘員と違い、形がタイヤ型だった。


「くそっ。こいつ今までの戦闘員より遥かに強い。」ブルーは水の技が効かないことを確かめると言う。


「ったく、私の技も効かないなんて。」イエローの炎の技も効かない。


「遅くなった。」私はみんなに謝ると、早速技を出そうとした。そう、出そうとしたんだ。しかし出来なかった。水が効かない理由は敵がゴムだから。そして、炎が効かない理由それは力がないからだ。

しかしなんだか臭い。

もしかして、俺が雷で攻撃すると…

燃える▶︎

倒せる▶︎

ダイオキシンが大量発生▶︎

ダイオキシンは有害▶︎

倒さなければよかった。

となって…たおせねえぇぇぇぇえええ!!!


第参話へ続く。


to be continued…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!