番外編1

あの頃の思い出-壱-

【他人の正義と俺の正義】

俺があの子と一度来た事のある、ブラクス海を眺めているとバットフォンが鳴った。「敵が現れた」と無機質な機会の声が俺に話しかける。


「せっかくの休みだったのに」


俺は直ぐにバット1号に変身した。


弐へ続く。


to be continued…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!