番外編1

あの頃の思い出-壱-

【他人の正義と俺の正義】

俺があの子と一度来た事のある、ブラクス海を眺めているとバットフォンが鳴った。「敵が現れた」と無機質な機会の声が俺に話しかける。


「せっかくの休みだったのに」


俺は直ぐにバット1号に変身した。


弐へ続く。


to be continued…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます