第十六話

【明日の為に】

4/22

私達は変身して車に乗り込んだ。何処に向かうか?そんな事は決まっている。“国会議事”いや、敵のアジトだ。私達の持っている情報だと敵は国会にいる。

「その情報あってんのか。」

ブルーの声がする。彼はホステスをしていて、本名は「小嵐勇吾」という。今日はバットフォンで烈斗に呼ばれ抜けて来たらしい。

「あぁ、情報は正確だ。」

「またあれか。情報“は”か。」

「烈斗早めに終わらしてよね。この全身タイツ、女子には抵抗あるんだから。」

「あぁ、わかってる。」

「烈斗さん作戦は?」

ここまで来ているのに作戦を聞かされていなかったのだ。

「作戦は無い!」

「・・・・」

沈黙が流れる。

「「「はあ?」」」

この時、初めて三人の声が揃った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!