第十五話

【朝飯】

4/22

外には雨が降り、水を弾きながら走るタイヤの音が聴こえ、鳥のさえずりが聴こえる。いつもと何も変わらない朝だった。

「さぁ、朝飯だ。」

烈斗さん達の家という以外は。

「今日は乗り込むぞ。」

「おはようございます。」

私は目をこすりながら言う。机には紙ヒコーキが置かれていた。

「あぁ、おはよう。」

「あなたが4号ね。」

イエローの…誰だっけ。

「私はイエローをやっている、3号の三日月みかづき紀伊きいよ。よろしく。」

「こちらこそお願いします 。」

綺麗な、でも、クールな雰囲気の人だ。

「騙されんなよ。」

烈斗さんの声だ。

「それでもこいつはこの団の中で一番の力持ちだ。」


ブルーは仕事で部屋には居なっかた。

ブルーはいないまま静かな朝が始まろうとしていた。

「さぁ、行くぞ。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!