第十一話

【心の中で光る者】

4/19

烈斗の話を聞いていて私はこの街に来た本当の理由を思い出した。


取材というのは自分の悲しみを抑える、いや隠すための道具だったのだ。


私がここに来た本当の理由は“復讐ふくしゅう"だった。


私の大切な妻、神奈子かなこは動物園が好きだった。あの獣が好きだった。


神奈子は動物に殺された。神奈子は動物から生まれ、取り付いたガルスに殺された。


神奈子は、神奈子は、神奈子は、ガルスに殺された。ガルスが憑依した人間の運転する車に無理やり乗せられ、前の車に、


ーー突っ込んだ。


神奈子は消えた。神奈子はいなくなった。あの時彼女を守れたら、あの時彼女を守る力があったら。


沢山の“あの時ー"が集まって、復讐心と化したのだった。




第十一話【心の中で

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!