第九話

【心のヒーロー】

4/19

烈斗の話した事は次元が違い過ぎて全く意味不明だった。やっぱりこいつおかしい。親が孫とはどういうことなのか。ドラ○もんかよ。

「まるでSF小説みたいな話だな。」

「まあな。この話を聞いた人はだいたい引くから、お前もおかしいんじゃ無いか。」

烈斗は初めて話したと分からないように、そんなことを言う。

「おっオレハフツウダ!」

「あぁ、なら俺も普通だ。しかもドラ⚪︎もんは2次元の話だぞ。」

「口に出てたか?」

「あぁ、かなり大きかったしな。まぁ、あまり気にするな。昔からよく言われることだ。」

「本当か。」

「ハハハじゃあ、続き良いか?」

「まだあるのか。しょうがない聞いてやる。」

烈斗は話を続ける。

「俺にはな…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!