第五話

【落ちる記者A】

4/13

 私はブラクスの取材のため汽車に乗っていた。汽車の中は静かで隣の席に座るおばさんたちの声だけが聞こえる。

昨日は散々だった。私の妻が死んだのだ。あのガルスに。あいつを産んだ、ガルスって奴を殺してやる。

「そこのお兄さんどこ行くの?」

そこで、おばさんにそう聞かれ私は我に帰る。

「ちょっと諸事情でブラクスまで…。」

私はそこでお婆さんたちの表情が一瞬変化するのを捉える。

「ブラクスでは夜中に外にでないようにね。」

「そうですか。」

実家に居る母さんみたいなことを言ってくるもんだなぁ。と、私は思った。駅に着く直前だった。そこの駅は、橋の上にあってかなり車両が揺れていた。そこで、おばさんたちの顔色が変わった。まるで死んでしまうような顔色だった。

「ま、窓…から。」

なんですか?と言い私はおばさんの指差す方を見る。

黒い何かがいた。

それは橋を壊し、私たちを…。


第6話へ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!