第15話 幸せショコラ時間(4)

「トレンド入れていきましょう!」

 微妙な空気が流れた厨房に、千代の明るい声が響いた。

 憔悴仕切った雪子と、完全にやる気をなくして死んだ魚の目をした蘇芳が千代を見る。

 千代は力づけるように拳を握ると、ニッと口の端を持ち上げた。

「恋愛映画ですよ!」

 ――と、言うわけで、千代と蘇芳が着替え終わると、スタッフ室を借りて、DVD鑑賞会が開かれることとなった。

 四畳ほどの部屋には、雪子の着替えや、バッグ、ティッシュ箱が置かれ、入って左には書類のたばの詰め込まれた棚、部屋の角にはローボードに置かれたテレビにDVDレコーダーがあるだけの質素な和室だった。

 さっそく千代の借りてきたDVDをセットして、鑑賞を始める。

「分かってた! 死んだ奥さんが戻ってくるってだけで、最後読めてた……!」

 ……数時間後には、箱ティッシュが一つ潰れることとなった。

 エンディングロールが始まると、千代は涙を流して突っ伏せた。

 雪子が鼻水を垂らして、カカオマスの入ったボウルを抱きしめている。

「悲しい味がするなぁ」

 蘇芳が横から味見をして、眉根を寄せた。

「他……他見ましょう! たくさん借りて来てるんで!!」

 ……数時間後。

 ティッシュ箱三つを潰した三人がいた。

「千代ちゃん、どういう基準で借りてきたの」

 蘇芳が鼻水をかみながら問う。千代も、袖で目元を拭いながら応えた。

「恋愛映画ベスト一〇〇から選んだつもりだったんですけど」

「最近の映画は、悲しいラストばかりなの? 記憶が一日しか続かないとか、余命幾ばくとか……」

 蘇芳が困惑の声を落とす。

 三人で顔を見合わせるが、誰も口を開かない。

 千代は俯いた。悲しい確信があった。自分を含めて、この三人は映画を知らない。触れてもいない。

 千代はおどおどと手をあげた。

「映画じゃあれなんで、小説にしません? 恋愛小説の……」

「すいません、活字は苦手で」

 雪子に即座に拒絶された。

 項垂れかけた千代はグッと我慢して顎を持ち上げる。

「じゃぁ、漫画ですよ!!」

 用意していた何冊もの漫画をバンッと前へ押し出す。

 それから、三人で無言で読んだ。

 蘇芳はごろりと横になりながら、頬杖をついて。

 千代と雪子はきちんと正座して姿勢を正して読んだ。

 と、夜も深くなる頃、「ひゃぁぁぁ」と千代の唇から悲鳴が漏れた。ビクリとして寝かかっていた蘇芳が身体を起こす。千代は、熱心に読み進める雪子の手を引いた。

「雪子さん、雪子さん! このヒーローの決め台詞、堪りませんね!」

 千代よりも一冊先を読んでいた雪子が目を瞬かせる。

 千代はもどかしい思いを全身で表すようにくねくねすると、件のページを雪子と蘇芳に見せつけるように示した。

「壁ドンされて『俺以外を好きだなんて言うな』なんて言われた日には……」

「殴ってしまいますね」

 雪子が一言言って、目を漫画に戻す。

 蘇芳が何か言う前に、そのままの体勢で固まっていた千代はがっくし崩れおちた。

 夜は平和に更けていくのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます