第14話 幸せショコラ時間(3)

 翌日、銀光りするボウル、タッパ、泡立て機などの機材に囲まれた清潔な厨房に、一同は集まった。

 さすがにいつもの格好で神聖なそこへ入るわけにはいかず、蘇芳も千代もこの日ばかりは二人ともシェフコートにサロンをまき、頭には丈の短い帽子をかぶった出で立ちだ。

 台の上には一つのボウルがあった。

 そこには、すりつぶしたカカオマスにココアバターとスキムミルクを加えたものが入っている。本来ならば砂糖を加え、ヘラでゆっくりとかきまぜるのだが……これから加えるのは『甘い言葉』。

 雪子はごくりと喉を鳴らしてボウルを見下ろしてから、蘇芳と千代を見ると力強く拳を握った。

「私なりに甘い台詞を考えてみました」

 二人は静かに耳を傾けた。

 雪子は幾度か深呼吸を繰り返し、頬を丸く赤く染めてから、思い切ったように口を開いた。

「向こうのインストラクターの人より、チョコレートの方が甘いですよ」

「うん。インストラクターは人間だからね。チョコの方が甘いよね」

 蘇芳が真顔で頷く。

 千代の頭から帽子がずり落ちそうになった。

 手応えを感じなかった雪子は、慌てて次の言葉を口にした。

「向こうのインストラクターの人、実は性格悪いんですって!」

 言って、今度こそ! と、雪子は小さな目を輝かせて千代と蘇芳を見た。

 千代は帽子を直した格好のまま硬直した。

 蘇芳は指先で顎を掻いた。

 沈黙が落ちる。

 雪子が目に見えて狼狽をし始めた。千代はそこでやっと申し訳なさそうに口を開いた。

「雪子さん、それは甘い台詞って言うか、悪口……」

 雪子が愕然とする。

 千代は、愕然とする雪子に愕然とした。

 と、スプーンですくい取ったカカオマスを味見した蘇芳はうん、と頷いた。

「まぁ、食べやすくて良いけど」

 千代が横から同じようにカカオマスをすくい上げる。

 それを口に運んだ彼女は即座に口元を抑え、うずくまった。

「し、舌が、ひりひりします……」

 辛いような苦いような……甘くてうっとりするような品物では断じてない。

「これでは……」

 雪子が沈痛な面もちでうつむく。

 と、

「あ、あの~」

 絶望的な空気が落ちた時、千代がうずくまったまま手をあげた。

「私も考えて来たんです……聞いてもらえますか?」

「是非、お願いします」

 水の入ったコップを持ってきた雪子が頭を下げる。

 千代は水を口の中で転がし、一息ついて台にコップを置くと、雪子と蘇芳を見渡し自信ありげに胸を張った。

 そうして、口を開いた。

「小さくて可愛いね!」

 鼻息荒く、蘇芳と雪子を見る。

 二人の目が点になった。

「あ、あれ? 反応薄いですね。じゃあ」

 千代は慌てて続けた。

「良い子だね! どうですか」

「それ、甘いの?」

 蘇芳が首を傾げる。

「何言ってるんですか、甘いじゃないですか……え、甘いですよね? じゃ、じゃあ……『君の元気は、周りを明るくするよ』! どうですか!」

「うーん」

 蘇芳の首を傾げる角度が大きくなる。

 雪子も不思議そうな顔だ。

 千代はむきになった。

「『オレ、ちっちゃい子好きなんだ!』」

「それは変態だ!!」

 蘇芳と雪子の声が重なる。

 肩で息をする千代は、二人を見やるとしょんぼりと項垂れた。

「だ、ダメですか」

「ダメと言いますか……」

 雪子が微妙な顔をする。それから、蘇芳を見た。

 蘇芳は真剣な表情で千代に尋ねた。

「誰かに言われたこと?」

「いえ! 自分で考えてきました!!」

 意気込んで言う。

 雪子は小柄な千代から目を反らして、呟いた。

「全部、自分に向けた言葉…………」

 蘇芳が千代を見る。その目はどことなく悲しげだ。

「な、何ですか、その目は!!」

 千代が肩を怒らせると、蘇芳は鼻頭を指先で抓んで、涙を堪えるように目を閉じた。

 千代は顔を真っ赤にした。

「じゃ、じゃあ、蘇芳さまだったらどう言うんですか?」

「えぇ……?」

「さぁさぁ。甘い台詞! 言ってみてください」

 千代が攻め寄ると、蘇芳は明らかに戸惑った。

「いや、僕は……そういうのは」

「さぁ! さぁさぁさぁ!!」

 千代は蘇芳を壁際まで追いつめた。

 両手を前に拒んでいた蘇芳は、千代のいつにない厳しい眼差しに、だらだらと冷や汗を流し出す。

「蘇芳さま!」

「いや、でも」

「蘇・芳・さ・ま!」

「…………うー」

 やがて、絶対に避けることはできないいと悟った彼は、千代の肩をなだめるようにたたくと、着物の襟元を正した。

「あー、ゴホン」

 わざとらしく咳払いし、雪子と千代を交互に見やる。

 それから、けだるげな表情を一転させ、紳士な様子で、彼は千代に向き直った。

「僕のために……モーニング珈琲、煎れてくれないかな」

 何度目かの沈黙が落ちた。

 雪子が呆れかえったように、口を半分開く。

 千代は真顔のまま蘇芳を見た。その喉がゴクリと鳴った。

「さ」

 千代は、瞬きもせずに蘇芳を見てから、へにゃりと相好を崩した。

「さすがです、蘇芳さま……」

「甘いですか!? どっちかっつーと、寒い部類でしょう!?」

 雪子が驚愕する。

 千代はぶんぶん首を振った。

「いいえ! 萌えました!! 照れました!!」

「嘘ぉ! どうなってんの、この子!?」

 驚愕する雪子に、蘇芳はフッと前髪を払ってみせる。

 雪子はこめかみに青筋を浮かべた。

「これ以上ないくらいのドヤ顔に、これ以上ないイラ立ちを感じてるんですけど」

 が、仕方がないので、雪子はその言葉をカカオマスに語りかけてみた。

「…………『僕のために……モーニング珈琲、煎れてくれないかな』」

 ボウルを優しく包み込み、優しくさすりながら……

 やがてスプーンですくい取り、口に運んだ雪子は、眉根を寄せて、唇を引き結んだ。

「言葉にするのが難しい微妙な味です」

 千代も真似してスプーンを差し入れた。

 そうして、雪子に頷くと付け足した。

「しけったお煎餅食べてる時の気持ちになりますね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます