18・逃げ足の速いことで


「赤沢菜穂香。世界を二度救った、伝説の魔法少女の一人」


 美桜が傍に来ていた。


「闇の世界にとっても、光の世界にとっても、彼女たちの存在は神のように敬られているわ」

「無事だったのか?」

「なんとかね」


 俺と同じように高い所から落ちたはずだが、怪我一つしていなかった。


「伝説の魔法少女の一人ってことは、まだいるのか?」

「二人よ。フランジェルカは二人でひとつなの」

「誰だ?」

「あなたのよーく知っている人よ」


 直ぐに浮かんできた。

 姉と親しい人なんて、彼女しかいない。

 中学時代からべったべたに一緒にいたけど、そういう訳だったのか。


「きさきさきさまが、フラ、フランジェルルカァァーですねぇぇぇ、よくも、やってくれましたねぇぇぇ、こてんぱぁぁぁんにしてあげますぅぅぅ」


 イッヤーソンがのっそりと起き上がった。光線を発するべく、黒い光を吸収させていく。

 姉が動いた。

 速すぎて見えない。

 ザッ!ザッ!

 と、地面を踏む音だけがかすかに聞こえてくる。

 イッヤーソンの前に来ると、空を飛んだ。両足を真っ直ぐに揃えて、クルクルと回転させていく。

 体を逆さにすると、両手を重ねて、イッヤーソンの顔の前で叫んだ。


「ファイアーレイン……ええーと、なんだっけ忘れたビーム!」


 同じタイミングでイッヤーソンが黒い光線を放つが、姉の眩しい光のほうがはるかに大きい。


「うぎやあああゃゃゃぁぁぁ…………」


 光が消えると、イッヤーソンの姿は跡形もなくなっていた。

 俺があれだけ苦労しても倒せなかった敵を、鼻くそをほじくるようにあっさりと倒してしまった。


「レベルが違いすぎて嫌になるぜ」


 返事はなかった。

 隣にいたはずの、美桜の姿がない。

 彼女は、イッヤーソンが消滅した場所にいた。ジャンプして、何かを掴んでいる。黒と白の炎のようなものが見えた。

 なにをやっているんだ。


「ふぅ、ひさしぶりすぎて必殺技の名前すら忘れちゃったじゃない」

「まだよ」

「え? ってあんた……?」

「本体が残ってる」


 美桜は空を見る。

 夕焼けの上空に、一メートル近くありそうな昆虫が飛んでいた。カマキリムシのような形だが、ゲジゲジのように足が何十本もあり、長い尻尾を生やしている。アニメによくある悪魔を象徴させる尖った尻尾だった。

 あれがイッヤーソンの正体か。


「てぃっ!」


 姉貴は空を飛んで、すたこらと逃げる昆虫を追いかけていった。


「さっきなにをしていた?」


 美桜がこっちにきたので聞いた。


「なんのこと?」

「イッヤーソンがいた場所で、なにか取ったじゃないか」

「さあ」


 答えたくないようだ。彼女は上を見る。視線の先に姉がいた。

 お早いお帰りだ。

 空からこっちへ降りてくる。人間の超越した力だ。ドレスのような衣装をまとっているのは、それを引き出すためのものなのだろう。


「奴は?」

「逃げ足の速いことで」


 逃がしたようだ。


「厄介なことになるわね」


 コテンパーンは倒したが、イッヤーソンは生き延びた、ということだ。奴がこのまま悪さをしないとは考えられない。倒さない限り安心はできない。


「小麦。あんたそこにいたのね」

「学校サボッたことは謝るわ」

「謝るところが違うでしょ」


 姉は、俺と美桜を見回す。


「散々探したのよ。まさか鏡明と一緒にいたとはね。鏡明も今朝は知らないといっときながら、どういうわけこれは?」

「話せば長くなるから、ひとつだけ言わせてくれ」

「なによ」

「姉貴、年考えろ」

「うっさい!」


 拳骨を食らった。

 頭蓋骨は割れなかったが、頭がズキズキする。子供のころは、このような拳骨を、しょっちゅう食らっていたものだ。痛みと懐かしさで涙がにじむ。


「しょうがないでしょ、変身なんて高校のとき以来なんだし、格好だって変わってないんだから。十年ぶりかな? 響歌は覚悟したほうがいいと言ってたけどさ、平和になったはずなのに、また魔法少女になる日がくるとはねぇ」

「魔法少女という年齢じゃないわよね。魔法ババア?」

「誰がババアよ。魔法美女といえ」


 姉は体をクルッと回す。衣装がはだけた。

 髪の毛の色が黒に戻り、上下ジャージ姿になった。


「まっ、こっちのほうが落ち着くわね。力が暴走しそうで怖いし」


 ジャージ姿で俺たちを捜していたようだ。


「さすがは、伝説の魔法少女フランジェルカ。幸か不幸か、あなたの持つ光の力は、衰えてなさそうね」

「あなたなにもの? なぜあたしの正体を知っている?」


 姉は警戒心を見せる。


「その前に、これだけは言っておくわ。私は、魔法少女に敵意を持ってない。世界を滅ぼすつもりもないわ」

「なんのことよ?」

「小麦美桜は仮の名。私は闇の世界の住民であり……」


 言葉のトーンを落とした。


「闇の王ガディスの娘」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!