第322話 絶体絶命

「アリア、しっかりするである!アリア!」

「う……あ……」

サーシャがたどり着いた時、アリアはまともに喋れず、意識ももうろうとしていた。


「これと……これ、調合して……」

あまりにも酷いケガに、手持ちの薬では回復させるのは難しいとみて、戦闘している

にも関わらず、急いで薬を作り始めるが、その間にも周囲に敵が迫ってくる。

「クケケケケケ!」

「!」

遂に近くまで寄られ、攻撃される。

せめて、アリアに攻撃が当たらないように覆いかぶさるが、

「でぇりゃあ!」

それよりも早く、フィルの斧が敵を真っ二つにした。


「もう!一人で突っ込んだらダメだよ!」

「そうよ~。こういう時こそ焦りは禁物よ~。」

いつの間にか後を追ってきていたらしく、三人がサーシャとアリアを護るように

陣取っている。

だが、敵の群がる中を無理やり抜けていたらしく、至る所に傷がある。

スターナのみ、体力を考えてか、ダメージのほとんどをフィルが負っていた

らしいが、それでもボロボロだ。


サーシャ達がアリアの周りにいるからか、次哉も魔王相手に専念できている

ようではあったが、それでもダメージの蓄積は次哉の方が目に見えて増えている。

「助けに行かないと……いけないんだけど!」

「あ~もう!次から次に鬱陶しいわね!」

倒したはずの敵が、他の敵と融合したり、しぶとく立ち上がったりと、一向に

減らず、このままでは数に押しつぶされるのも時間の問題だ。


「……シャ、ちゃ……?」

「喋ったらダメである!」

アリアが残りの力を振り絞って、何かを伝えようとしている。

「勇……どの……たえて……」

サーシャの言葉を無視して――いや、聞こえてないのだろうか?言葉を続ける。


「だいじょ……一人……じゃな……あ、愛して……」


言い終わると、全身から力が抜けたようにぐったりとするアリア。

「アリア……?」

問いかけに指先一つ動かさない。


「アリアァァァァ!」





剣を交えていると、不意に叫び声が聞こえた。

嫌な予感がする……そちらを見たくはないが、見なければいけないような、

強迫観念に視線を動かすと、アリアを抱きかかえて必死に呼びかけている

サーシャの姿。

他の三人も慌てて駆け寄っている。


……想像したくない答えが頭の中を駆け巡り、不意に剣を持つ手が緩む。


「残念だったな。」


我に返って相手を見据えるが、剣を横に弾かれ、力の入っていなかった手は

剣を落とさないようにするのが精いっぱいだった。


魔王が剣を振り下ろすのが見えた。

一瞬、何故か懐かしい感じがして――


「ぐぅっ……あぁぁぁぁ!」


右腕が切り落とされた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます