第281話 思いがけない再会

「ここが、サーシャちゃんのお家なのね~。」

「そうである。我が輩がおじいちゃんと一緒に住んでいたである。」

三人はスターナの転移魔法を使い、山の中にある家まで跳んできていた。

サーシャが居なくなってから、誰も掃除をしていなかったため、ホコリや塵が

薄っすらと積もっている。


「せっかくだから掃除しませんか?サーシャちゃんもお家が汚いままでは

嫌でしょうし。」

「いいであるか?」

「問題ありません。それに勇者殿達と合流するのが少し遅くなっても、勇者殿が

いますし。」

「それもそうね~。」

という訳で、家の掃除を開始する事になったが、思ったよりも汚れていたため、

大掃除の様子を呈した。


「フンフ~ン♪」

スターナは鼻歌を歌いながら、ぞうきんを絞っている。

「楽しそうですね。」

「えぇ、お城だと掃除なんてやらせてもらえないし、こうやってみんなで

部屋を綺麗にしていくのは楽しいわ。」

そういえば、スターナは女王なんだったと今更ながらに思い出し、もしかして

不敬なんじゃないかと思ったが、まぁいいかとすぐに考え直す。

あまりこういう事は深く考えない性質なのだ。


「サーシャちゃんは何してるんですか?」

「薬を入れる容器はちゃんと洗ってあげないと、使えなくなるである。」

サーシャは片っ端から瓶や袋を水に漬け、専用の布で綺麗に拭き、磨いている。

「できるなら持っていきたいであるけど、さすがに大荷物である。」

思い出の品でもあるそれらを、丁寧に洗っている。


時間は過ぎ、

「これで大体、掃除し終わりましたかね。」

「ん~……こんなに疲れる物なのね~……」

「二人ともありがとうである。」

伸びをしながら言うアリアとスターナに、頭を下げるサーシャ。


「いいんですよ。私達がやりたくてやったんですから。」

「そうよ~。サーシャちゃんがそんなにかしこまる必要ないんだから。」

そんなサーシャの頭を二人して撫でる。


「それにしても遅くなっちゃったわね。」

「せっかくだから、止まっていってほしいである。」

「そうですね。せっかくですから、お言葉に甘えさせて頂きましょう。」

サーシャの家に泊まる事にした三人。食事を済ませ、風呂にも入り、後は三人で

布団に入って明日を迎えるだけと眠りに付いた。


そして深夜、

「む~……トイレ~……」

サーシャが寝ぼけ眼を擦りながら、お手洗いの方へと歩いていく。

用を足し、ベッドに戻ろうとした時、窓に人影が見えた。

その人影に一瞬で目が覚めたサーシャは、家から飛び出し後を追う。


人影は付かず離れず、一定の距離を保ってサーシャを呼んでいるようだった。

足をもつれさせそうになりながらも、必死で追いかけた先は、森の奥の少しだけ

開けた場所。


月が照らし出す姿に、呆然とするサーシャへ声がかかる。

「久しぶりじゃの。元気にしておったか?」

「おじい……ちゃん……」

死んだはずの祖父と慕うガーゴイルの姿があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます