第280話 エツの現状

「さてと、もうちょっとでエツかしらね~……」

「気持ち悪いである……」

「……あ~、水~……水が欲しいです~……」

スターナ、サーシャ、アリアの三人はダラ車を使い、エツの

近くまで来て、今は徒歩で向かっている状態だ。


別れると決めた場所、そこからほどなくのところに街があり、次哉が

言ったような、おかしな者はいなかったように見受けられた。

そのため、街でダラ車を借り受け、エツの近くまで走ったのである。


ダラ車でエツまで行かなかった理由は単純に酔ったからだ。

さすがに限界が近いという事と、転移魔法で跳んでも、おそらく無理

だろうという事で選択肢は一つしかなかったのである。


「ふぅ、慣れたと思ったけど、さすがに長距離乗り続けるとキツイわね~……

そういえば、サーシャちゃんのお家って近いの?」

「そうである。あそこの山を越えて一日半くらいの場所である。」

そう言うと、サーシャは家の方角を指す。


「あ、じゃあ、街の様子を確認したら、行ってみましょうか?」

「いいであるか?」

「もちろんよ~。」

「やった!」

子供らしさを取り戻したように喜ぶサーシャ。その様子を二人は微笑ましく

眺めていた。




それから、さらにしばらく歩き続け、ついに門の前にたどり着くと、

不意にサーシャが立ち止まる。

「どうしたんですか?」

「本当に大丈夫であるかね?」

どうやら、エツの住人が魔物になっていないかを心配して、二の足を

踏んだらしい。


「サーシャちゃん、きっと大丈夫よ。何にせよ、確かめない事には。

そのために来たんでしょう?」

「……うん。」

スターナの声に少しの勇気をもらい、街中に入っていくと待っていたのは――


「サーシャじゃないか。今まで、どこ行ってたんだ?」

「おや、随分と久しぶりだね。元気かい?」

「ちょうど良かった、切り傷に効く薬無いかな?」

前と変わらぬ住人の姿。それに安心したサーシャは満面の笑みを浮かべ、

薬を売り歩き始めた。


「よかったですね。」

「本当に。」

ここに来るまでは、元気なそぶりをみせていたが、やはりどこか無理を

していたのだろう。表情が一変している。

薬売りをしながら三人は街を見回ったが、怪しい人物も見つからず、特に

問題はなさそうだと判断し、次にどうするかを相談する。


「とりあえず、ここで一泊してから、明日サーシャちゃんのお家に

行ってみましょうか?」

「そうですね。」

「分かったである。」

その意見に反論はなく、エツで宿を取って泊まる事になったが……


「う~……」

「む~……」

「あら~……」

久しぶりに次哉と離れた状態で宿に泊まったため、髪を梳いてくれる人が

居ない上に、近くで寝れない事に不満タラタラの三人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます