第271話 騒動解決

「何ですか、今の……」

「ねぇ、もしかして……」

「想像してる通りだと思うが、確証はないな。」

前に見た魔鉱石から魔物が生まれる瞬間、死んで煙になっていく様……

サベルが変身する時、それに死ぬ時と似通っていた。


「二人して隠し事ですか、酷いです。」

頬を膨らませて脳筋が拗ねているとアピールしてくる。面倒くさいな。

「どうしよう?あれ、教えてもいいのかな?」

「……ふぅ、しょうがない。全員集まったら説明するか。」

俺達はスターナ達のところに急いで向かう事にした。





「あ、勇者ちゃん。」

合流した時にはすでに事態は収束していたのか、大きな騒ぎは起きていない。

「そっちの首尾はどうなった?」

「ギリギリだったわ~。街に突入する前に食い止められて、人質になっていた

子供達も助けられたから、何とか収まったって感じね~。」

合流場所は、街がギリギリ見えない程度の森の中。

もし少しでも変な動きがあったのが見つかれば、リザードマンが攻めようと

してきたという話が広まっていただろうから、ちょうどここが分水嶺だったか。


「ヅギャの方は平気だったである?」

「あぁ、問題ない。」

「サベルはどうなったである?」

「倒した。もう嫌がらせのような事は起こらんだろう。」

「そうであるか。」

そう言うと、サーシャも少し安心したような顔になる。サーシャもいろいろと

思うところがあったんだろう。仲のいい人を傷付けられたりもしたしな。


周りを見てみると、リザードマン達が泣きながら抱き着き合っている。

その中を詐欺師が飛び回ってる。

「アイツは、何やってるんだ?」

「リュリュは皆のケガを治しに回っているである。」

確かにこの三人なら、詐欺師ぐらいしかすぐに治してやれるメンバーは

いないか。そう思い、俺もケガを治して回る事にした。



リザードマン達を治して回った後は、頭を地面に擦り付けながら感謝されたが、

頼むから止めろと何とか起き上がらせ、自分達の棲家に帰らせて、俺達は

六人で話し合った。

「そんな事が……」

「というか、魔鉱石から魔物が産まれるなんて初めて聞いたわ。」

俺とフィルを除く四人は常識外の出来事に呆けながら聞いていた。

事実と受け止めきれていないのか。


「サベルとの決着は付いたけど、変な謎が残っちゃったわね。」

「でも、今すぐにどうこうできる内容でもないわね~。」

とりあえず、その謎については置いておいて、俺達は再びティリアに向かう

事にした。ずっと嫌がらせを受け続けた身としては、落ち着いたのはいいこと

だが、アイツ自体は仲間の元へ行けたのかが少し気になる。

それにもう一人、エーディという敵もいたが、今回は姿も見せていない。


「まだまだ厄介ごとは続きそうだな。」

誰ともなくつぶやいた言葉を、自分自身で反芻して溜息を吐いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます