第261話 塔に入るには

あれから四日、歩き続けてたどり着いたのは、目的地としていた塔の前より

少し手前。さすがに警戒は厳重で、離れたところに門が設置されていて、

簡単には中に入れるようにはなっていない。


「中に入れますかね?」

「どうかしら~?聞いてみた方がいいかも~。」

そうして門のところにいる兵士に話を聞いたが、まぁそっけない返答だけしか

なかった。


「例えどのような方でも、許可なく入れる事は出来ません。」だの、

「誰に許可を頂くかは、我々の関与するところではありません。」だのと、

まぁ要するに、入れる気はないとしか言われなかった。


「やっぱりダメね。」

「さすがにそうだろうね。」

「どうするである?許可をくれそうな人が知り合いならいいであるが。」

どうするも何もな。一応、ヴァファール王国に連絡を取ったら、どうにかなる

だろうが、それよりも身近にいるしな。


「スターナ、何とかできるか?国の代表がいるんだろ?」

「う~ん……あの子はワタシの事が苦手みたいでね。あまり会いたがらないから、

簡単に許可してくれなさそうなのよ~。」

仮にも女王と国の代表が仲良くないから、自分のいるところに入らせないなんて

いいのか、そんな事?

と言いたいが、イオネ王国出身なら仕方ないか。


「勇者ちゃん、失礼な事考えてるでしょ。もう、怒っちゃうわよ?」

どうしてこうも筒抜けになるのか。

「ダメ元で、連絡だけ取ってみれば?」

「そうね~。じゃあ、手紙だけ出しておきましょうか~。」


そう言って、スターナは門から反対方向に向かい歩き出す。

先導されて着いたところは、物資の運搬所になっていて、ここで塔の中に送る

物に危険物が無いかの検閲などを行っているという。

また、手紙などをこの場で書いて、内容さえ問題なければ、物資と一緒に

運んでくれるという。

スターナは、その国の代表と言っていたヤツに対して、手紙を書き終えて

中に送ってもらうように提出していた。


「中身には問題ありません。送り先は司祭ナデュ様でよろしいですね?」

「ええ、お願いするわ~。」

女王でも簡単に通してくれないってのは、よっぽどティリア教の権力が強いって

いうのを示しているんだろうな。


「さて、今やれる事はやっちゃったし、どうしようかしら?」

特に他に行く当てもないしな。

「まぁ今日はそこら辺の店回って、宿に泊まればいいんじゃないか?」

ここら辺までくると、泊まるところといったら、要人用の高級な宿しかないし、

ぼったくりのような値段を取られるが仕方ない。街中で野宿するわけにも

いかんしな。


そうして、サーシャの希望で薬屋を回り、飯を食い、その高級な宿に部屋を取り

休んでいるところ、扉がノックされて声を掛けられた。

「夜分遅く、失礼いたします。ナデュ様の遣いで参りました。申し訳

ありませんが、ご同行願えないでしょうか?」


……また、厄介事か。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます