第240話 リュリュの葛藤

「あ~、も~!ムカつくったら、ありゃしないわ!」

リュリュは、自分にあてがわれた部屋で、枕を片手に大暴れしている。

壁に投げたり、殴ったりしているせいで、シーツはぐしゃぐしゃに

なっているが、物が倒れたり、壊れたりしていない分、理性は保って

いるのだろう。


アデントとともに家族のところに顔を出したリュリュに、

「アデント様に迷惑をかけるものではありません。」

「皆さんに心配をおかけしないでください。」

と怒られたが、それすら気に食わない。


ほとんど一般家庭扱いで暮らしてきたリュリュにとって、急に神輿に

担がれるのも嫌いだったし、両親や祖父母と話すときは敬語を使い、

堅苦しく顔合わせしなければいけない状況は、さらに嫌いだった。

前と同じように暮らそうとしても、巫女になるべき人はもっとしっかりした

生活を過ごさなければダメだの、好物のヴィヨルを作って欲しいと、母に

お願いしたら、あんな粗末な物を口に入れるもんじゃないと言われた。


「巫女だなんて言われても、納得できるわけないでしょうに!」

蹴られた枕が壁に当たる。

周りが言ってる事に、理解できなくもない言い分はある。

皆の模範にならなければいけない、巫女たるものはやましい行いをすべきでは

ない、確かに筋は通っているが、それはリュリュにとって耐え難かった。

結果、この国から出て行くと決めた。


「はぁ、はぁ……」

一通り暴れて、息も絶え絶えのまま、ベッドに腰かける。そして、先ほど

アデントに問いかけられた時に、反論できなかった自分を思い出す。

「本当に……馬鹿みたい。私も……」

そのまま力なく横たわり、呟く。






「これから、どうしましょう?」

「一旦、宿に戻るとしましょうか~。」

神殿を出た俺達は、スターナの提案で宿に戻る事にした。

その最中も街の連中は俺達を見て、ヒソヒソと話を続ける。


「嫌な感じね~。」

「だろうな。」

俺はさっきからぐずついてるサーシャを抱きかかつつ、詐欺師からの話を

思い出して、言葉を返す。

この国はどうやら、他の国の種族を見下す傾向にあるらしい。特に魔族や獣人は。

詐欺師がいなくなったから、それが余計に酷くなったんだろう。

ドワーフはあまり王都に来ないらしいしな。


俺達が今まで行った場所で、そういう事に出会わなかったのは、中心部から

ほど遠い場所だったかららしい。

そうなると自然と他の国との交流があるから、そういう意識はなくなるらしいが、

国の、特に王都に近付くにつれて、悪化していくと。


「そういえば、アデント様がお礼してくれるって言ってたけど、何だろうね?」

「美味しいモノでもご馳走してくれるんでしょうか?」

脳筋とフィルの明るさはこういう時にありがたい。この二人がいなかったら

雰囲気が暗いままだったろうからな。

そうして俺達は宿へと戻った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます