第234話 日が明けて

「う……朝か。」

昨日の宴会は朝まで続いて……では、ないな。


「今度は何に乾杯しろってんだ?」

「あ~、大体祈っちまったしな。」

「エグダんところの夫婦喧嘩が四日目に突入したってのはどうだ?」

「んじゃ、それでいいわな。とりあえず乾ぱ~い!」

今も続いてた。ドワーフという種族は本当に底なしだと実感した。


「やっと起きたかのぉ。」

「バルドか……」

「酒の匂いだけで酔うとか、情けない。もう少し強くならにゃあいかんぞ?」

「お前等基準で話をするな……」

見ると、サーシャとフィル以外の全員が俺と同じようにグロッキー状態だった。

町中の酒という酒が集まって、絶えず匂いの近くにいれば、こうなるのも

当たり前だろ。

というか、できれば寝てる間に酒は遠ざけておいて欲しかった……


「うぇ……ぎぼぢ悪……」

「水をください……」

「ふぅ、はぁ……なんか胃の奥がキューッとしてくるわ~……」

「大丈夫である?はい、コレ。」

他の三人も起きた頃にサーシャもやってきて、酔い止めの薬をくれた。

眠そうだったというのもあるが、先に避難させといて正解だった。


「みんな大丈夫?ボクもこれあげるよ。」

渡されたのは、透明で匂いが強い

「……これは?」

「やっぱり二日酔いには迎え酒だよね!」





「むみゅ、ふみゃ、にゅあにゅしゅりゅの!?」

フィルの頬を両の手の平で押しつぶすようにして、上下左右前後に

ぐちゃぐちゃにしてやった。何となく、そうしたかった。


「何アレ、優しくない?」

「まぁ、勇者殿がフィルさんに手荒な真似しないと思いますし。」

「最初でコップに閉じこめられた私の立場は?」

「ワタシ、まだ弄ってもらってないわ~……」

「我が輩もである。」

うるさいな、外野。


「やっと終わった……ほっぺがダルダルになってる気がする……」

《安心しろ。普通と変わらん。》

「まだいたのか。」

用事が終わったら、さっさ消えたと思っていた。


《礼が言いたくてな。ついでにシルフちゃんとのウキウキデートについて、

どれだけ楽しかったか教えてやろう!》

「断る。」

何が礼が言いたくてだ。どう考えたって、後半に言ってた方が本命だろ。


「でも、ちょっと興味あるような……」

脳筋が乗り気だ。正気か?

それから話をされたのだが、溶岩の海を泳いで遊んだだの、筋肉無いくせに

筋肉の素晴らしさについて語っただのと、どうでもいいようなことばかりを

長々と……というか、

「そんなんでシルフは喜ばんだろ。」

《何を抜かす!ただひたすらに微笑んでくれてたぞ!》

「……会話は?」

《デートで恥ずかしかったのか、ほとんど喋らんかったわ。シルフちゃんは

照れ屋だからな!》

あのノリが軽いシルフが喋らなかった!?相当キツかったんだな……


「可哀想に……」

「罪悪感が……」

「……今度、みんなで励ましに行きましょうか~。」

「そうであるね。」

「ボクでも、さすがに無理かなぁ……」

今度あったら、とりあえずは謝る事を心に決めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます