第226話 水の精霊王

「おい、起きろ。」

《うふぇ……?まだ眠い~……》

「全然、起きないわね……」

さっきからウンディーネを揺すっているのだが、動かない。一応、反応は

帰ってくるものの、休みたいだの起きたくないだのと言うだけだ。

この状況で、誰に話しかけられてるかどうかすら分かってなさそうな気さえ

するのが不安だ。


「どうするである?」

「どうするも何も、ウンディーネと交渉しないとノームに必要な物が

手に入らないしな……」

いい手はないかと考えるものの、特に何も思い浮かばない。


「じゃあさ、先に進む?」

詐欺師の言葉に考えるのを中断する。

「どういう意味だ?」

「いや、ウンディーネ様がいた泉に行ってみて、どうしてこんなところで

寝転がってるのか、原因が分かるかもって。」

なるほどな。


「今のところ、コイツが相手をしない以上は他に方法もないし、行ってみるか。」

「である。」

ウンディーネを放っておいて、さらに先に進んでみる。

さっき三人と別れてからウンディーネに会うまでと同じ時間をかけて、目の前に

泉が現れた。


「綺麗である。」

その水は不思議と光っていて、森の中の薄暗さを照らし出し、幻想的な雰囲気を

作り出していた。


「ノームは不純物のない水が欲しいとか言ってたか?」

「そうね。」

「この泉の水じゃダメなのか?」

見る限り、水は透き通っていて、少し深めの底にある小石の姿すらハッキリと

見えるくらいに澄んでいる。

「ん~……確かに良さそうなものだけど……でも、私達じゃさすがに

判断できないわね。下手な物を持って行くよりは、やっぱりウンディーネ様に

ちゃんと貰った方がいいと思うわ。」

それもそうだな。


俺と詐欺師が喋っていると、サーシャが泉の近くに寄って水を覗き込んでいた。

「どうしたの、サーシャ?」

「【水精霊の涙】を入れてみたである。」

別れる前に、フィルから数個ほど受け取っていたらしい。


「一応、姿は現してたわけだし、何も起きないんじゃないかしら?」

「そうであるか……あれ?」

サーシャが泉を見て不思議そうにしていたので、俺と詐欺師も覗き込んでみたら、

水が泡立っていた。

「どうなってるんだ?」

「さぁ?」

全員が訳が分からず、そのままの状態で固まっていると、大きな水の球が

浮かび上がってきた。


「……敵か?」

俺は剣を抜き放って、構えておく。サーシャも戦闘態勢に入ったが、詐欺師だけ

おかしな顔をしていた。


「あれ?これってウンディーネ様が現れる時の……」

言い終わる前に球が軽く弾け飛び、女の姿をした精霊王――ウンディーネが

現れた。


「……さっき見たヤツと一緒か?」

「え、いや、ん?」

とりあえず害はなさそうなので戦闘態勢を解くと、向こうが喋りだした。

《なんで、ここに人が来てるの!?嘘でしょ、やだ~!オンディーヌちゃん、

どこ~?》

喋ったというか叫んだ。どういう事だ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます