第223話 サーカス開催

村に泊まった翌朝から、祭りはもう始まっていた。

小規模の祭りだったため、派手な物はなかったが、屋台が立ち並んで

向こうでの射的の代わりか知らないが、弓で的を落としたら景品を貰える

ような店まであった。


「近所の神社でやってたような祭りみたいだな。」

「何の事ですか?」

「いや、こちらの話だ」

誰に言っても理解はされないだろうから、心に留めておくだけにした。


朝飯を屋台で済ませ、少し時間が経つと、

「みんな集まるニャ!サーカスが始まるニャよ!」

ワーキャットのクゥが宣伝を始めた。

「我が輩たちも行くである。」

「そうね~。じゃあ頑張ってる姿を見に行きましょ~。」


サーカスは村の少し奥にある広場で特製ステージを作り、開催された。

「え~、皆様お集り頂きありがとうございますニャ。当サーカス団の

華麗ニャる演技、とくとご覧あれ!」

クゥの口上が終わると拍手が聞こえてくる。それを待っていたかのように

ラミアのバーバラが手を振りながら、デカい何かを抱えてステージに出てきた。


「さぁ見とくれ!ここに取り出したるは、アウア鳥の卵!」

卵かアレ。デカくて分からなかった。

「今から、これを丸呑みにするよ!」

言い終わると、バーバラは口を大きく……裂けるんじゃないと思うくらいに

横にも縦にも開き、自分の体長の半分ほどある卵に吸い付く。

そうすると段々と卵が消えていき、代わりにバーバラの体が丸く膨らんでいく。


時間にして8秒くらいだろうか。卵は完全に腹の中に移動してしまった。

「どんなもんさ!」

またしても拍手が起こったが、疑問が一つ。確かにインパクトは凄いんだが、

あれはただの食事風景じゃないか?

だが、口出してシラけるのもなんだし、黙っておこう。


次はクゥがステージに上がって、客に向かい声を掛ける。

「え~、では誰か手伝ってほしいニャ。」

その声に数人が手を上げたので、一人を選んで一緒にステージに上げた。


「じゃあ、これを持って横に手を伸ばして欲しいニャ。」

言う通りに手を横に伸ばしたままリンゴを手の上に持たせ、さらに頭の上にも

載せて、10mくらい離れるクゥ。

これは定番のアレか?

「さてさて、取り出したりますは、このニャイフ!」

この時点で多分間違いないな。


「見事、あのリンゴに当てましたら拍手喝采よろしくニャ!」

クゥは九本のナイフを手に集中し、タイミングよく投げ放つ。

まず三本はそれぞれに命中、次の三本は手と頭から離れたリンゴに刺さった状態の

ナイフの柄に命中。最後の三本は客の両側と股の間から、落ちきる前のリンゴに

向かって飛んで命中。

クゥが手を振ると、客も拍手で答える。中々の腕前だ。


それからもゲイルの火の輪くぐり、ケンタウロスのバッガがジャグリング、

全員が他の芸も披露していき、サーカスは成功で幕を閉じた。

「面白かったですね!」

「みんな上手だったである。」

「さすが巡業で回ってるプロだね。」

脳筋達も喜んでいる。

サーカスは夜の部もあるらしいので、俺達は休憩を取ったり食事を挟んだりして

その日をゆっくり過ごす事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます