第222話 村の収穫祭

俺達はまたサーカス団の引く馬車に世話になっていた。

「どうして、こんなところに?」

「ここの街道から離れたところに小さな村があってね。そこで芸を見せる予定

なんだよ。」

「それは都合がいい。もし良ければ連れて行ってほしいんだが。」

「別に構わないが、君達にも目的の場所があるんじゃないのか?」

「いろいろと補充をな。」

そんなこんなで二度目の厄介を掛ける事になってしまったが、一緒に

その町とやらに連れて行ってもらう事になった。


出会ってから、さらに二日目の夕方。グワンドという村に辿り着いた。

「ここか。」

「そうニャ。ちょうどお祭りをやる時期にウチのサーカス団が呼ばれるニャ。」

紹介された村の広場では飾りつけや屋台の準備が進められ、土と水の収穫祭との

文字が書かれた看板が掲げられていた。


「収穫祭は分かりますが……土と水の?」

「そうニャ。ウンディーネ様とノーム様が姿を現す事の出来る場所に挟まれた

この地だから、精霊王様に一年の豊穣を報告する意味でお祭りが開かれるニャ。」

「なるほど。」

村自体は小さく、大規模な祭りではないみたいだが、活気に満ちている。


「祭りは明日の夜やるんだけど、アンタらも良かったら見て行かないか?」

「急ぐ訳でもないから、いいんじゃないかしら~?」

「ボクも、どんな芸をするのか見てみたいな。」

スターナとフィルが先だって賛成する。

俺を含めた四人も、このサーカス団なら安全そうだと思っていたので、特に

異論は挟まなかった。


「んじゃ決まりだね。こうなりゃ、あたい達も気を抜けないね。」

「だったら今から、村の外で練習でもしてくるかニャ?」

「それは良いアイディアだ。日々の積み重ねが腕を鈍らせないための唯一の

方法だからな。」

そう言っていたので、俺達はサーカス団の四人と別れた。



一泊する事になったので宿を取り、部屋でくつろぐ。

「明日は楽しみであるね。」

「あぁ、そうだな。」

「ゲイルさん達、どんな芸をするんでしょうね?」

ゲイルとは団長の名前だ。性格と声だけではなく、名前も中々に渋い。


「あまり想像がつかないわね~。」

「ボク、サーカスなんて見るの何年ぶりだろ?」

「そうなの?ピッガの町にはサーカス団とか来なかったんだ?」

……多いな。


「そろそろお前達も、自分の部屋に戻ったらどうだ?」

部屋は二つ取っているはずなのに、何故か一つの部屋に集まってるため、

狭苦しくなっている。

「まぁまぁ、いいじゃん。細かい事は言いっこなしだって。」

「そうよ、寝るまでの喋り相手になったげてるんだから、感謝してほしい

くらいだわ。」

図々しいな。


こうして仕方なく夜まで喋っていたが、晩飯を食べて、三人の髪を梳き終わり

眠りについた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます