第213話 エルフの村

「何だよ、お前ら。」「うわ、知らない人だ!」「お姉ちゃ~ん!」

「漏れる~……」「嘘でしょ!ちょっと我慢して!」

騒々しい。




ヘリオという子供を助けた後、奴隷商人に捕まっていたエルフ――名をリヴィと

いうらしい。が住んでいる村へ送って行くことにした。

「それで?アンタ達はどこに行こうとしてたのよ?」

「ノーム様のところだよ。ちょっと宝石を貰えたらと思って。」

神鉱石に関わるドタバタを、かい摘んで説明した。


「ふ~ん、大変ねぇ。」

「あぁ、本当にな……」

さっさと力を貸してくれれば、有難かったんだがな。

「あんまり文句ばっか言っちゃダメよ~?こういうのは楽しまなきゃ。」

スターナが笑顔で小さくガッツポーズを取り、こっちを見てくる。


「楽観的だな。そういう方が、気も楽なんだろうが。」

「前向きなのは、いい事です。」

そして、しばらく歩き続けていたが、一向に村は見えない。


「結構遠いのか?思ったよりも遠いんだが。」

「もうちょっとだけ歩くわね。」

さすが、エルフというところか。森の中は草木が生えて足元が取られやすく

歩きにくいにも関わらず、何の障害物も無いように歩いている。

さらに一時間くらいだろうか?歩いたところでリヴィが立ち止まり、

こちらを見た。


「ここよ。」

「何もないである。」

サーシャが言う通り、リヴィが差した先には、森の風景が広がっているだけで、

どうやっても村があるようには見えない。


「ふっふ~ん、普通じゃ村が見えないのよね~。」

そう言って、何もない空中に手を翳かざすと、空間が歪み始めた。

俺達はそこに入っていくよう促され、歪んだ空間に足を入れると、

いつもの、ヒュン!という音とともに転移し、一瞬で村の入り口に辿り着いた。


「驚いた?」

「あぁ。」

後ろから、驚かせるのに成功したのが嬉しかったのか、少しだけ高くなった声で

リヴィから話しかけられた。


「今のどうなったの?」

「光の森は、あちこちにエルフ用の転移結界が張ってあってね、特殊な方法で

指定した位置まで飛ぶ事が出来るのよ。」

と、喋っていたら、

「あ、リヴィ!?」

と村から一人走って来た。その後を追うように、どんどんと村から人が出てきて

囲まれた。結果、あの騒ぎだ。




「貴方方がヘリオを助けてくれたのですかな?」

「まぁ、そうなる。」

今現在、村長の家に連れられて事情を聞かれている。エルフの村に他の種族が

入ってくる事は珍しいらしいので、興味半分、警戒半分といったところか。


「いや、それなら何も問題ありませんな。時間を取って頂き、

申し訳ありませんでしたな。」

「ん、もういいのか?」

「えぇ、別に入ってくるの自体に制限は掛けておりませんし。」

村長の質問に答えるのも含め、時間を使ってしまったので、今日はこの村で

泊まってもいいだろうか?という質問にも構わないとの返答が来た。

この世界のエルフは他種族に対して、中々に寛容らしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます