第210話 シルフとの交渉

「登場からして、軽すぎないか……?」

「いや、ほら、シルフ様だし。」

「そうね、シルフ様だもの。」

詐欺師とフィルは何故か納得している。


《こら、無視しないの。あーしに用あったんじゃないの?》

「あぁ、実はな……」

そんなこんなで、イフリートからの要求を伝えた。


《え~?フリちゃんと?》

「フリちゃん?」

《そ、イフリートだから、フリちゃん。可愛いっしょ?》

物凄い笑顔になるが、同意できない事を自信満々に言われてもな。


「シルフ様、お願いできないでしょうか?」

《フリちゃんね~……あんま、やる気でな~い。》

気持ちは痛いほどわかるから、あまり責める気にもならんが……


「一応、理由を教えてくれ。」

《フリちゃんって、暑苦しいし……》

だろうな。


《変なとこでテンション高くなるし……》

分かる。


《うっとうしい時あるし……》

やっぱり、そう思うか。


《名前が可愛くても、見た目可愛くないんだも~ん。》

「……よし、帰るか。」

「ゆ、勇者殿!?」

「帰ったらダメである。」

「いや、今シルフが言った事に、賛成するしかなくてな。強制するのは

悪い気がしてきた。」

「そうなったら神鉱石が加工できないよ?」

そうだった……あの件さえなければ、本当に放っておくのに。


「あ~……交換条件だ。」

《?》

「何か困ってる事はないか?もしあれば、それを解決してやる。その代わりに

デートしてやってくれないか?」

《フリちゃんに言い寄られてる事かな。》

「それ以外で頼む。」

そうするとシルフは考え込んだ。


《ん~……あ、じゃあ欲しい物とかでもい~い?》

「欲しい物か。持って来れるような物であれば、努力はする。」

「シルフ様は、何が欲しいのかしら~?」

《宝石!》

そんなのを欲しがるとは、精霊でも女性という事なのだろうか?


「宝石と一括りに言われても、どういうのがいいんだ?」

《もっちろん、普通の宝石じゃないの。んっとね、ノムりんが最近になって

作り方を編み出したらしいんだけど……》

「待て、ノムりんって誰だ?」

《ノムりんって言ったら一人しかいないじゃない。ノームのノムりん。》

知るか。


「ノーム様は土属性の力を持っていて、自分で鉱石なんかを作る事が

できるんだ。」

「それは便利だな。」

《話を戻すとね、ノムりんが新しい宝石を作ったらしいんだけど、それが

欲しいな~って。》

また、たらい回しにされるのか。だが、こちらから切り出した以上は

仕方がないな。


「分かった。じゃあ、それを貰えるように交渉すればいいんだな?」

《えっ、ホントにやってくれんの?ありがと~!》

「取ったら戻ってくる。その後にでも約束を守ってくれればいい。」

《オッケー。んじゃ、楽しみに待ってるね~。》

そうしてシルフの姿は風に溶けて消えていった。


「ノーム様は、ここからさらに十日くらい離れた場所にいるよ。」

これだけいろんな場所に行かされて、最後はやっぱり無理だ。なんて事になったら

イフリートに八つ当たりでもしに行くか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます