第197話 次哉の受難 その四

その後の事を、次哉はほとんど覚えていない。

もう留まる事すら出来なくなったため、見えても構わないくらいの勢いで、

棚まで走り、服を持ったまま部屋に逃げ込んだ。


「はぁ、はぁ……げほっ!」

全力疾走したものの、思った以上に体力が無くなっていたため、咳き込みつつ、

手に持った服を床に一旦、放り投げてふと思い出す。

さすがに全裸はマズいので、浴衣だけは羽織ったため、今は布一枚を身に

まとっている状態だ。つまり下着を着けていない。


しょうがなく放り出した物から、探し出そうとした時、部屋のドアが開いた。

「あ~、勇者殿いた~」

アリアが赤い顔をして、次哉を見る。


「探してたのに、見つからないし……どこに行ってたんですか~?」

「い、いや、ちょっと……」

そのまま部屋に入って来て、顔を近付ける。


「う、酒臭い……お前もか」

「お酒~? 美味しかったですよ~」

この世界では、十五歳以上は酒を飲んでもいいらしく、アリアも時々は

酒を口にしていたが、普段はたしなむ程度だったので、酔っぱらった姿を

今、初めて人前に晒している。


「ん~?」

「ど、どうした?」

「なんか、他の女性の匂いがする……」

次哉は今までの事を思い出したが、なるべくなら喋りたくもなかったため、

誤魔化そうとした。


「気のせいじゃないか?」

「そんな事はありません! も~……またですか、また浮気ですか?」

「浮気ってお前な……」

「こうなったら実力行使です」

言い終わるや否や、アリアは次哉の顔に両手を添えて、強引にキスをする。

次哉は驚きと焦りで、そのまま後ろに下がるが、それに合わせてアリアも

下がるため、二人一緒に移動し、途中に合ったベッドに倒れこんだ。


「よ、酔いを醒ませ!」

「だって、勇者殿と来たら、旅先でしょっちゅう新しい女性を作っちゃうし……

私だって好きなんですよ? だ・か・ら、勇者殿の一番にしてくださいね?」

そう言いつつ、浴衣をはだけさせるアリア。


「落ち着け! 一旦、落ち着け!」

「そんなに焦らなくても……好きにしてくれていいんですよ?覚悟は

出来てますから……ね?」

覆いかぶさるアリアに、フィルから続く出来事を思い出して、思考が

追いつかなくなっていた次哉は、もうこのまま流されても……

そう思い始めていた。


「勇者殿、私の事……愛してくれますか?」

そう言い、顔がどんどんと近付いてくる。次哉は諦めたような、喜んでいるような

自分の中のよく分からない感情に、どうしようもなくなっていた。

そうこうしている内に、アリアの顔がもう目の前まで迫って来ている。





「え・づ・ら・が、犯罪じゃああぁぁぁぁぁぁぁ!」

「あぐっ!」

すんでのところで、リュリュが部屋に乱入し、アリアの頭を叩いた。


「リュリュさん? 何するんですか、も~……」

「何するんですか、じゃないわよ! はたから見たら、危ない人以外の

何者でもないわよ! ドアが開いたままで、ホント良かったわ!」

そうして、リュリュがアリアに服をちゃんと着るよう伝え、部屋から追い出す。

どうやら、他の部屋で説教をするらしい。



二人が出て行った後、最後の気力を振り絞り、ドアのカギを掛ける。

「つ、疲れた……」

こうして、次哉のドタバタな一日は幕を閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます